TOP > 新着情報 > 試合結果個別

【K-1】GLORY強豪ストーヤン、豪快KO勝利で優勝!ブアカーオら倒し敗者復活から70kg頂点へ

フォロー 友だち追加
2024/07/07(日)UP

GLORY強豪ストーヤン、敗者復活から70kgの頂点へ!

K-1実行委員会
『AZABU presents K-1 WORLD MAX 2024』
202477日(⽇)東京・国立代々木競技場第二体育館
▼第19試合 K-1 WORLD MAX 2024 -70kg 世界最強決定トーナメント・決勝戦/ 3分3R・延長1R
〇ストーヤン・コプリヴレンスキー(ブルガリア/Mike’s Gym)
KO 1R2分7秒 ※右ストレート
●ヴィクトル・アキモフ(ロシア/ブラジリアンタイ)
※ストーヤンがトーナメント優勝

ストーヤンの左がヒット

 ストーヤンはGLORY世界ライト級2位。3月の1回戦でまさかの敗退も、オウヤン・フェンの欠場で代打出場。準々決勝ではレジェンド・ブアカーオにハイキックでダウンを奪い、準決勝ではデング・シウバとの死闘を制した。

 対するアキモフは1回戦でバックブロー、準々決勝をボディで、準決勝ではローキックでいずれもKOし勝利で上がってきた。

 試合は1R序盤からストーヤンがリズムを取り、長いリーチからミドル、パンチ、ボディへのヒザ蹴りを連発。ワンツーでアキモフが下がると、さらに右から左フックでダウンを奪う。

ストーヤンがブアカーオ、魔裟斗レジェンドと並び念願のベルトを

 立ち上がったアキモフが接近し、強引な連打。しかしストーヤンが右ハイキックからの左、とどめの右ストレートが直撃!アキモフが崩れ落ち、レフリーが試合を止めた。

 ストーヤンがブアカーオ、魔裟斗といったレジェンドに囲まれ、念願のベルトを巻いた。

 ストーヤンは勝利マイクで「K-1チャンピオンになるという夢が叶い、ブアカーオ選手というレジェンドを倒し本当に嬉しく思う」と喜んだ。

▶︎次ページは【フォト】ストーヤン強し!アキモフを倒した圧巻のKOシーン

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・【フォト】ストーヤン強し!アキモフを倒した圧巻のKOシーン

・『K-1 WORLD MAX』7.7 全試合 結果

・51歳バンナ強し!キック王者を“ボコボコ”KO、相手はロープからはみ出し立てず

・【ボクシング】KO率9割超のヘビー級”剛腕対決”は何と36秒KO!一撃喰らった相手はフラフラに=7.6英

・【K-1】”日韓美女対決”松谷綺は驚きの割れた腹筋で計量パス!18歳ユジョンはクリクリ瞳と美腹筋

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る
●新着情報

TOP > 新着情報 > 試合結果個別