TOP > ニュース

【ROAD FC】元”ZSTの鉄人”清水が緊急参戦、元ONE世界王者と激突

2016/12/01(木)UP

急遽参戦オファーを受けた清水(左)は元ONE世界王者スーチョル(右)と対戦する

 12月10日(土・現地時間)韓国・ソウルの奨忠体育館にて開催される『ROAD FC 035』の対戦カード変更が発表された。

 当初、元ONE世界バンタム級王者キム・スーチョル(韓国)vsキム・ミンウ(同)によるROAD FCバンタム級タイトルマッチが予定されていたが、ミンウが怪我により大会を欠場。代わりに元UFCファイターのスコット・ヨルゲンセン(アメリカ)の出場が決まったが、今度はヨルゲンセンが怪我により出場を断念。パンクラスを主戦場とする清水俊一(総合格闘技宇留野道場)に白羽の矢が立った。

 清水はかつて”ZSTの鉄人”と呼ばれ、2005年のプロデビューから約7年間ZSTで活躍。UFCや戦極にも出場経験がある31歳のファイターだ。これまでに30勝16敗11分の戦績を収め、勝ち星のうち関節技・絞め技による一本勝ちが19勝という、極めの強さを持つ。

昨年末のRIZINでは無敗のリニャーレス(下)に初黒星を付けたスーチョル(上)

 現在はパンクラスを主戦場に、中国のMMA大会にもたびたび参戦。しかし、昨年から連敗を喫して勝ち星から遠ざかっており、今大会では強豪相手に白星獲得を目指す。

 迎え撃つスーチョルはROAD FCの第1回大会から出場している24歳。2012年には初代ONE世界バンタム級王座を獲得。翌年10月の王座統一戦で、暫定王者であったビビアーノ・フェルナンデスに判定負けを喫して正規王座から陥落したが、それ以降は現在まで8戦7勝1分と無敗を維持する。

 日本人選手との対戦も多く、田村一聖(現パンクラス・フェザー級暫定王者)に一本勝ち、手塚基伸(前グラチャン・バンタム級王者)にTKO勝ちと、UFC参戦経験のある強豪をともに1Rで下すなど、実力の高さを示している。また、昨年末のRIZINに参戦し、当時9戦9勝と無敗の戦績を誇ったマイケ・リニャーレスに初黒星を付けている。

 急遽参戦が決まった清水。強豪相手に勝利し、復活の狼煙を上げることは出来るか。

●編集部おススメ記事
「RIZIN」テイクダウン奪い合うもスーチョルが判定勝ち
パンクラス・バンタム級2位の清水俊一、UFCに参戦決定

 

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース

イベント日程
2016年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
≫もっと見る
アクセスランキング
≫もっと見る
Facebookもチェック