TOP > ニュース

【ボクシング】拳四朗の初防衛戦が決定「圧勝してフォロワー1万人にしたい」

2017/09/19(火)UP

更に注目されるように圧勝すると宣言した拳四朗

 WBC世界ライトフライ級王者・拳四朗25=BMB)の初防衛戦が決定。19日、記者会見が都内で行われ、1022日に両国国技館にて元同級王者で現同級1位のペドロ・ゲバラ(28=メキシコ)と対戦することが発表された。

 WBA世界ミドル級1位村田諒太と同級王者アッサン・エンダムのダイレクトリマッチ、WBC世界フライ級王者比嘉大吾と同級6位トマ・マソンのタイトルマッチが決定しており、拳四朗の初防衛戦決定で同日、両国国技館ではトリプル世界タイトルマッチが行われることとなった。 

 会見には拳四朗と所属ジムのBMBボクシングジムの寺地永(てらじひさし)会長が出席。 

寺地会長(右)は拳四朗は「あとは体重のみ」と好調ぶりをアピール

 寺地会長は「当初、5月と同じでトリプル世界戦として組んで頂けると思っていましたが、村田選手と比嘉選手だけ先に決まってて、うちの方は宙ぶらりんで、年末までには試合はあると報告は来ていました。一応、1022日の予定をこちらでは設定し、いつ試合が決まってもできるようなコンディションを保とうと。日曜日にロサンゼルス合宿から帰国したばかりで体調は万全で、あとは体重のみです」と好調をのぞかせ「前回はきわどい判定(判定2-0)での勝利だったので圧勝して倒さないと、なかなか世間は認めてくれないので、そのような展開に持っていきたいです」と世間に認めてもらうために圧倒すると宣言。

WBCのベルト。拳四朗の初防衛なるか

 さらに拳四朗も「しっかり練習して勝つだけです。これからもっと練習して追い込みます。世界王者となって負けられないプレッシャーがより強くなって絶対勝つぞという気持ちはすごく強くなりました」
 と言い、約1週間のロス合宿については
「メキシカンボクサーとスパーリングを重ねました。次もメキシカンの選手なので凄く練習になりましたね。ゲバラへにはジャブをついてカウンターを合わせるなど自分のペースに持っていって最終的に倒すといういい勝ち方をしたいです。もっと注目されるように圧勝します。応援よろしくお願いします」と圧勝宣言が飛び出した。

フォロワーをもっと増やしたいとはにかむ拳四朗

 もっと注目されるために圧勝するという拳四朗、まだ注目されていないと本人は言うが、世界を獲って変わったことはあるという。マツコ・デラックスと矢部浩之が司会進行を務めるバラエティ番組「アウト×デラックス」に出演したときに、ツイッターのフォロワーがいきなり1000人から倍の2000人に増えたことだ。それには本当に驚いたといい、記者から今後「1万くらいにしたい?」と問われ「したいですね。徐々に増えて行けば」といつもの笑顔で語った。

 相手のペドロ・ゲバラは201412月に八重樫東から7回KO勝ちを収めWBC世界ライトフライ級王座奪取、その後2度防衛し、201511木村悠に判定1-2で敗れ3度目の王座防衛に失敗。戦績は3330勝(17KO2敗1分。一方、拳四朗は10105KO
 果たして拳四朗が圧勝で無敗記録を更新し、更に注目を浴びることができるか。

●編集部オススメ
・拳四朗が世界王座奪取
・ペドロ・ゲバラが八重樫にKO勝利で王座奪取

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース

イベント日程
2017年9月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
≫もっと見る
出場・参加者募集
アクセスランキング
≫もっと見る