TOP > ニュース

【ボクシング】村田諒太が米国人選手をスパーで圧倒、防衛戦は「倒して勝ちたい」

2018/03/09(金)UP

スパーリングで米国のプロボクサーを圧倒した村田諒太(左)

 415日(日)横浜アリーナで行われるWBAミドル級タイトルマッチへ向け、初防衛がかかる村田諒太(32=帝拳)が都内・ジムで練習を公開した。

 対戦相手の同級8位・エマヌエーレ・ブランダムラ(38=イタリア)は27勝(5KO2敗で、身長178cmの右ボクサーファイター。

 そのブランダムラと同じ身長のミドル級プロボクサーであるブランドン・クォールズ(31歳)をスパーリングパートナーとしてアメリカから招聘し、2Rのスパーリングを行った。クォールズは右ボクサーファイターで、プロ戦績は18勝(9KO)4敗の選手。

スパーリングで米国のプロボクサーをコーナーに追い込み圧倒した村田諒太(左)

「左を多く出そうとしていた。今回は意識し過ぎて、ジャブをもらってしまったが、全体的にはいい感じだ」と村田。クォールズについては「よく動いてくれて助かっている。次の選手(ブランダムラ)もジャブで突いてくるスタイルだし」と試合に向け相手のイメージに合わせたトレーニングができている模様。序盤、クォールズは鋭いジャブをついて来たが、村田が圧力をかけパンチでコーナーに追い込みボディで畳み掛け圧倒した。

 今回もエンダム戦同様、対戦相手に絞った練習か、自分をレベルアップさせていく練習かとの質問に

強烈なパンチでサンドバッグを揺らす村田

「それは両方。対戦相手もそうだが、その先という気持ちもありますけど、まず相手に勝たないといけない」と、2月の年間表彰式で「ミドル級で評価の高い選手だったら、誰でもいい。ゴロフキンでもカネロでも、ビリー・ジョーでも、やらせてもらえるんだったら、やりたい」と発言している通り、トップ選手との対戦も意識しつつも目の前の試合に集中していくと言う。

 現在のコンディションについて村田は「すごくいい調子。エンダムとの2試合を終えて少し成長できたと思う。(次戦の課題については)根本的に前に出てプレッシャーをかけて相手が嫌になるまで打つだけ。それにどう磨きをかけるか。その気持ちが前に出過ぎて変な距離になっても良くない。そのあたりをうまく調整していく。やっぱり倒して勝ちたい」とプレッシャーをかけ相手が嫌になるまで打ち続けKOを目指す95年にWBAミドル級王者となった竹原慎二氏が為しえなかった日本人初のミドル級初防衛成功がかかる。

●編集部オススメ

・村田諒太が欧州王者を挑戦者に初防衛戦が決定

・村田諒太、4月の初防衛後はゴロフキンら大物との対戦を視野

・ボブ・アラム氏「村田勝てば来年はアメリカで試合」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース