TOP > 試合結果

【K-1】桜庭、船木を一蹴!ヒクソン戦に向け好発進。KID、魔裟斗も順当勝ち

2007/12/31(月)UP

桜庭がチキンウイングアームロック(腕絡み、キムラロック)で勝利

TBS/FEG/MBS
「Fields K-1 PREMIUM 2007 Dynamite!!」

2007年12月31日(月)大阪・京セラ大阪ドーム
開場13:00 開始15:00
観衆=47,918人

▼メインイベント(第13試合) HERO’ルール 85kg契約 1R10分 2R5分 延長5分 
桜庭和志(チーム桜畑)83.1kg
一本 1R6分25秒 ※チキンウイングアームロック
船木誠勝(ARMS)84.1kg

「特に意味はない」という桜庭の今回の入場のテーマはウルトラマン。親交のある阪神・下柳剛投手にもマスクをかぶせ、二人で仲良く登場だ。

 1R、お互いに様子を探るように打撃を出し合う。桜庭をコーナーに追い込んだ船木が左ミドルを放ったところ、桜庭は即座にタックルを仕掛けテイクダウンした。下の船木は足関節を仕掛けるも、桜庭は上から潰す。

 立ち上がった桜庭は猪木・アリ状態から蹴りを放ち、サイドポジションへ。船木の腕をキャッチした桜庭はあっさりとチキンウイングアームロックで一本勝ちした。
「この一戦の勝者には、ヒクソン・グレイシーと対戦させたい」と以前谷川貞治EPは語っている。試合後のインタビューにて、そのことについて訊かれた桜庭は「全く問題はないですけど、まだ次の試合のことはわかりません」と言うにとどまった。


▼セミファイナル(第12試合) HERO’Sルール 135ポンド契約 5分3R
山本“KID”徳郁(KRAZY BEE/HERO’S2005ミドル級王者)61.2kg
KO 2R3分11秒
ハニ・ヤヒーラ(ブラジル/アタイジジュニア柔術/ADCC2007優勝)62.7kg

 契約体重の約1.5kgオーバーだったヤヒーラには、イエローカードが提示される。1R、ジャブ連打で突進してきたヤヒーラに対し、KIDはフックをクリーンヒットさせる。

 グラウンドにいきたいヤヒーラは打撃を交ぜながら組み付こうとするも、KIDは打撃で応戦してくるために作戦変更。柔術家のヤヒーラはパンチの連打を繰り出す。これにKIDも応戦したものの、何発かいいパンチをもらってしまいピンチになる場面も。

 2R、攻め疲れたKIDは左ローで攻める。ヤヒーラをコーナーに追い込むと、KIDの左ストレートがクリーンヒット! 倒れたヤヒーラに対し、KIDは反則攻撃のサッカーボールキック2発。この行為に対し、減点1が言い渡されたKIDだが、流れの中での攻撃だったために結果はそのままとなった。



▼第11試合 HERO’Sルール 5分3R
ボブ・サップ(アメリカ/チームビースト)154.7kg
KO 1R4分10秒 ※マウントパンチ連打
ボビー・オロゴン(ナイジェリア/チーム・オロゴン)96.1kg 

 1R、プレッシャーをかけるサップに対し、ボビーは逃げるように走りチャンスを伺う。
やっとの思いでサップがボビーを捕らえると簡単にテイクダウン! そしてマウントポジションを奪ったサップは、マウントパンチ連打で勝負を決めた。

 



▼第10試合 K-1ルール 70kg契約 3分3R延長2R
魔裟斗(シルバーウルフ)69.9kg
TKO 3R0分51秒 ※タオル投入
チェ・ヨンス(韓国/KAHN GYM)67.5kg

 1R、後ろ回し蹴りなどを織り交ぜ、ボクサー出身ながらも起用な攻撃を見せるヨンス。魔裟斗はローを主軸に攻撃を組み立てる。徐々にダメージを蓄積していったヨンスが前かがみになると、魔裟斗はヒザ蹴り。さらには、ロープ際に追い込み左ハイでダウンを奪った。

 2Rも魔裟斗ペースで試合は進んだが、ヨンスはタフネスぶりを発揮し倒れない。最終Rには、魔裟斗がロー連打で詰めると、ヨンスはロープにもたれグロッギー状態。セコンドからタオルが投入され、魔裟斗がTKO勝利を収めた。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

新着情報


TOP > 試合結果