TOP > 試合結果

【TENKAICHI】中澤純が復活の勝利、Krush王座狙いへ

2015/03/15(日)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

ワイルドシーサー
「TENKAICHI FIGHT」
2015年3月15日(日)群馬・藤岡市民ホール
レポート&写真=TENKAICHIプロモーション 

▼第11試合 メインイベント 65kg契約 TENKAICHI KICKルール 3分3R延長1R
〇中澤 純(ワイルドシーサー群馬/TENKAICHI KICKウェルター級王者、前INNOVATIONウェルター級王者)
判定3-0 三者とも30-27
●福田裕介(PLACE-K/REBELS-MUAYTHAIウェルター級7位)

 長らくワイルドシーサー群馬の大将としてリーダーシップを発揮してきた中澤が昨年8月9日、現Krush -65kg級王者・NOMANに敗北して以来、負傷を癒し万全のコンディションで久々の復帰戦。大阪の実力者、福田を地元メインで迎え撃つ。ボディビルダーにも見間違うような筋骨隆々の中澤の仕上がりは良さそう。

 1Rから中澤は右ローキックで福田の足を効かせ、魔裟斗を彷彿とさせるパンチと蹴りのバランス良いコンビネーションで圧倒的な攻撃力を見せる。福田はそれでも時折危険な右ストレートのカウンターブローや距離の長いワンツーを見せるが、中澤を焦らせるまでには至らない。

 ラウンドが進むにつれ開いた差は如何ともしがたく、後は中澤がKOできるか否かが観客の興味となる中、試合終了のゴング。

 フルマークの復活勝利にまずはホッとした様子の中澤はマイクで「Krushでベルト獲ってTENKAICHIに持ち帰ります!」と高らかに現在の目標を確認した。


 


▼第10試合 セミファイナル TENKAICHI KICKフライ級タイトルマッチ TENKAICHI KICKルール 3分3R延長1R 
〇高坂侑弥(ワイルドシーサー群馬/TENKAICHI KICK フライ級王者、INNOVATIONフライ級7位)
判定3-0 ※29-28、30-28、30-27 
●隼也ウィラサクレック(ウィラサクレック・フェアテックスジム/前MA日本フライ級王者、前WPMF日本フライ級王者)
※高坂はタイトル初防衛に成功

 共にジュニアキックボクシングで勇名を馳せた者同士。しかし、実績では“天才児”の誉れも高い隼也が二冠王のプロ経験も合わせて圧倒的有利と見られた勝負。しかも高坂はホームの虎の子ベルトを賭ける背水の陣を布いて大勝負に臨んだ。

 ムエタイスタイルの典型であるテクニシャン、隼也はTENKAICHIルール(攻撃的な組み技3秒間有効)で得意の首相撲を全開で危なげない試合をするかと予測されるとこだが、それを大きくはずして鋭いパンチで身体ごとぶつかっていくようなアグレッシブさを発揮。

 これに高坂は左ミドルキックの強振で立ち向かう。これも予想外。動体視力の良さに裏付けられたディフェンス力では国内髄一と思われる隼也が
反応できずに直撃されること多数の光速ミドルキックは美しく力強い。

 これに胴回し回転蹴りや従来の持ち味である鋭い左フックなどを織り交ぜ多彩に攻める。全体的に高坂ペースのようでありながら隼也の倒しにいく集中力が独特の緊張感を生み、ハイレベルな攻防が目まぐるしく入れ替わる名勝負となった。

 試合終了のゴングと同時に高坂はガッツポーズし、隼也はうなだれる。
判定結果はで高坂の完勝となり、格上強敵相手に見事なタイトル防衛成功を果たした。


 

▼第9試合 65kg契約 TENKAICHI KICKルール 3分3R
〇野口陽平(87キック)
判定3-0 ※30-26、30-26、29-25
●豪鬼(ワイルドシーサー群馬/TENKAICHI KICKウェルター級1位、INNOVATIONスーパーライト級3位)

 その名の通り豪快で怒涛のように攻める豪鬼は、地元だけに
男性ダンサー2名と凝った振付で入場パフォーマンスを披露して試合を盛り上げる。対する野口は、佐藤嘉洋やT-98に勝利した健太が代表オーナーを務める87キックフィットネスクラブのプロ第1号選手。

 1R、豪鬼が思い切り叩き込んだ右ローキックがいきなりクリーンヒットして野口は腰を落とす。序盤から足のダメージを見せただけに試合は一気に豪鬼KO勝利のムードとなるが、量を増して襲い掛かる敵に野口は正面から左右フックを叩き込み、これが相手をふらつかせる強打となり場内騒然となる。

 それでも足のダメージが深刻な野口は、豪鬼のパンチやミドルキックも織り交ぜた猛攻に何度もピンチに陥るが耐え抜き、2R、パンチで豪鬼が力なく倒れてダウンを奪取。

 3R、ダウンがあってもそれを絶対有利に感じさせない野口の足のダメージが、豪鬼大逆転勝利の布石のように感じさせる。その期待通り、豪鬼は一気呵成に野口の足を狙うが、諦めない野口のパンチにより豪鬼はダウンを追加してしまう。

 それでも劣勢なのは野口というシーソーゲームに場内大歓声。試合終了のゴングが鳴り、野口が判定勝ち。あまりにも激しい試合で87ジムのプロ初勝利を上げてみせた。


 

▼第8試合 54kg契約 INNOVATIONルール 3分3R
〇知花デビット(ワイルドシーサー群馬/INNOVATIONバンタム級1位)
判定3-0 ※三者とも30-27
●鰤鰤左衛門(CORE/NJKFバンタム級4位)

 4月26日にINNOVATIONバンタム級王座決定戦に出場することが決まっている知花のタイトルマッチ前哨戦は、“実力派団体”NJKFのランカーを迎え撃った。変則アグレッシブな鰤鰤を全く寄せ付けない重厚で安定感のある知花がフルマークの完勝で宿願のベルト奪取に向けて勢いを付けた。


 

▼第7試合 62kg契約 INNOVATIONルール 3分3R
〇畑孟(ワイルドシーサー群馬/INNOVATIONスーパーライト級7位)
判定2-0 ※30-30、30-29、30-29
●ツヨシ(M16ムエタイスタイル/前WPMF日本ライト級王者)

▼第6試合 スーパーライト級 TENKAICHI KICKルール 3分3R
△戸塚悠人(ワイルドシーサー群馬/TENKAICHIライト級1位)
ドロー 判定1-0 ※30-29、29-29、30-30
△シンタロー(ASUKI GYM/TENKAICHIライト級6位)

▼第5試合 TENKAICHI KICKフェザー級タイトル挑戦者決定トーナメント準決勝戦 TENKAICHI KICKルール 3分3R延長1R 
〇田中将士(上州松井ジム/TENKAICHI KICK フェザー級1位)
TKO 3R ※3ノックダウン
●祐太(Club TOSHI/TENKAICHI KICK フェザー級10位)

▼第4試合 62kg契約 TENKAICHI KICK ルール 3分3R
△佐藤正和(サムイジム/TENKAICHI KICK ライト級7位)
ドロー 判定1-0 ※29-29、30-28、30-30
△森 昌典(Club TOSHI/TENKAICHI KICK スーパーライト級4位)

▼第3試合 64kg契約 INNOVATIONルール 3分3R
〇カズ宮澤(エコドリーム/前NJKFスーパーライト級7位)
判定3-0 ※30-26、30-26、30-25 
●杉原新也(ワイルドシーサー群馬/TENKAICHI KICKスーパーライト級7位)
※杉原は計量オーバーにより減点2スタート

▼第2試合 56kg契約 TENKAICHI KICKルール 3分2R
〇宮坂桂介(SHINE群馬)
判定3-0 ※20-17、20-17、20-18
●響也(拳心會)

▼第1試合 フェザー級契約 TENKAICHI KICKルール 2分2R
〇洸太(チャモアペット・ムエタイアカデミー)
判定3-0 ※20-18、20-18、20-17
●平田シュウ(try-ex kickboxing)

▼TENKAICHIチャレンジ第5試合 64kg契約 2分2R
〇竹吉 龍(上州松井ジム)
判定2-0
●荻原良太(KING BEE/梅澤道場)

▼TENKAICHIチャレンジ第4試合 80kg契約 2分2R
〇星 伸一(天下一道場群馬)
判定2-0
●富澤弘介(ワイルドシーサー高崎)

▼TENKAICHIチャレンジ第3試合 76kg契約 2分2R
〇石岡 大誠(MAG)
判定3-0
●田中亮裕(サムイジム)

▼TENKAICHIチャレンジ第2試合 63kg契約 2分1R
〇ナツキ(KING BEE/SUZUKICKS)
判定3-0
●未来(サムイジム)

▼TENKAICHIチャレンジ第1試合 75kg契約 2分1R
〇五味譲太郎(SHINE群馬)
判定3-0
●田村信樹(天下一道場群馬)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

新着情報


TOP > 試合結果