TOP > 試合結果

【シュートボクシング】プロ2戦目の笠原弟、格上の竹野を破る殊勲の勝利

2017/05/13(土)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

シュートボクシング協会
「SHOOTBOXING 2017 ヤングシーザー杯 in 花やしき act.2」
2017年5月13日(土)東京・浅草花やしき

激しく打ち合う竹野(左)と笠原(右)

▼第5試合 スーパーバンタム級(55.0kg契約)エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限
○笠原友希(シーザージム)
判定3-0 ※三者とも29-28
竹野元稀(風吹ジム)

 SB日本フェザー級2位・笠原弘希の弟、笠原友希はSBアマチュア大会で戦績を重ね、今年4月の後楽園大会でプロデビュー。香港の新鋭パーコ・ライを圧倒し1RTKO勝ちを収めた。今回がプロ2戦目。対する竹野は地元・愛知を代表する新鋭のシュートボクサーで10戦6勝(1KO)4敗の戦績を持つ。4月の愛知大会ではSBスーパーバンタム級8位・佐藤執斗との新世代対決を制した。

 1Rのゴングと同時に竹野がパンチを出しながら猛突進。笠原は勢いに飲まれながらも左ハイ、前蹴りを放ち、カウンターのテンカオを当てていく。竹野の勢いは止まることなく、パンチ連打で前に出る。

 2Rも乱打戦に持ち込む竹野の前に劣勢の笠原だったが、竹野のバックについて華麗なバックドロップでシュートポイントを奪う。竹野はフロントチョークを仕掛けるなどで反撃。

 3R、完全に疲れが見える笠原は竹野のパンチ連打の前に鼻血を出しフラフラになりながらも前蹴り、ミドルを返し、打ち合いにも応じる。手数の止まらない竹野は前に出続けたが、2Rに取られたシュートポイントを埋めるまでには至らず、笠原が僅差の判定勝ち。プロ2戦目で格上を食う殊勲の勝利を挙げた。


スーパーアンジ(右)をKOで下した西岡(左)

▼第4試合 ライト級(62.0kg契約)エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限
○西岡蓮太(龍生塾)
TKO 2R3分 ※レフェリーストップ
●スーパーアンジ(KUNISNIPE旭)

 1R、踏み込みの深い強烈な右ローを見舞うスーパーアンジ。西岡が左フック2連打すると「もっと打って来い」とスーパーアンジは挑発する。プレッシャーをかけるスーパーアンジの前に、下がる西岡は攻撃を交わしつつパンチを返し右ハイ。接近戦で左フックをクリーンヒットさせた西岡がダウンを奪う。立ち上がるスーパーアンジに再び西岡が左フックを当て2度目のダウンを奪うと、レフェリーがストップした。


 

▼第3試合 スーパーフェザー級(60.0kg契約)フレッシュマンクラスルール 3分3R延長2R
○上田一哉(シーザージム新小岩)
判定3-0 ※三者とも30-27
●堀池空希(究道会館)

▼第2試合 スーパーウェルター級(67.5kg契約)フレッシュマンクラスルール 3分3R延長2R
○チングン新小岩(シーザージム新小岩)
判定3-0 ※30-25、30-24、30-25
●井本遼我(グラップリングシュートボクサーズ)

▼第1試合 スーパーフェザー級(60.0kg契約)スターティングクラスルール 2分3R延長1R
○清水 悟(シーザージム新小岩)
判定3-0 ※三者とも30-26
●浅井義弘(ブルズアイファイティングクラブ)

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > 試合結果