TOP > 試合結果個別

【巌流島】初登場のロシア武術システマが日本拳法に勝利

2018/01/03(水)UP

パウンド連打で勝利したアキラ(上)

巌流島実行委員会
「巌流島 OUT ENEMY 2018 in MAIHAMA-謹賀新年、宿敵同士の果たし合い-」
2018年1月3日(水)千葉・舞浜アンフィシアター

▼第2試合 無差別級
○アキラ・シット・レック(35=システマ/日本)
一本 3R34秒
●左 禅丸(44=日本拳法/日本)

 ソビエト連邦が生んだ武術システマの使い手アキラと、日本拳法をベースとする左の一戦。

 1R序盤にアキラが右ストレートをヒット。前進する左に対し、アキラはパンチを出しながら組み付く展開に。足をかけてテイクダウンするアキラは、スタンドに戻ると左を突き放して場外転落ポイントを奪う。

 2R、左のパンチをもらいながらも、道衣を掴んで投げ技狙いのアキラ。左の左ストレートが徐々に当たり始めるが、アキラは一切下がることなく寝技に持ち込むものの、鼻血が激しくなりドクターチェックが入る。再開後、お互いにパンチを交錯。

 3R、パンチで前進する左に、アキラは投げを見舞い転落ポイントを奪う。再開後、足払いを仕掛けたアキラはうつ伏せの左にパウンド連打をお見舞いしたところで、レフェリーがストップした。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・噂のロシア武術システマの使い手「パンチは当たらない」

・話題の軍隊格闘術システマが初登場

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別