TOP > 月間ベストファイター 一覧

【月間ベストファイター・8月】五輪女子レスリング”金”須﨑優衣、怪我を乗り越えた完全試合、22年の抱負も

 毎月イーファイトとサイト名にちなんで、より良い試合をした選手に贈られる月間ベストファイター賞。『東京オリンピック』において、全試合無失点およびテクニカルフォール勝ちと“完全試合”をやってのけ、金メダルを獲得した須﨑優衣(22=早稲田大学)を2021年8月のベストファイターに選んだ。
 須﨑とレスリング協会のスケジュールからインタビューは年末となったが、新年への抱負も合わせて聞いた。五輪優勝の裏には何があったか。そして22年は更なる飛躍を目指す。(2022年1月3日UP)

PROFILE

須﨑優衣(すさき ゆい)

1999年6月30日生 千葉県出身
身長153cm 階級50kg級
所属 早稲田大学レスリング部

 小学1年生でレスリングを始める。2017年に高校3年生で世界選手権初出場にして優勝、翌年には連覇も果たした。
 2019年12月の天皇杯全日本選手権大会で優勝、2021年4月のアジア予選を1位通過して『東京オリンピック2020』への出場を決めると、8月に開催された同大会では、初戦から決勝までの4試合で相手に1ポイントも与えず、さらに全試合10点差以上のテクニカルフォール勝ちで金メダルを獲得した。

選考理由
1
、全試合無失点の“完全試合”および10点差以上のテクニカルフォール勝ち
2、五輪で旗手を務め日本中が注目
3、決勝でわずか96秒で極めたアンクルホールドも大きな話題となった

選考委員
格闘技雑誌Fight&Lifeとイーファイトの全スタッフ

 受賞された須﨑選手には、ゴールドジムより以下の賞品(アルティメットフレキシジョイントUC–Ⅱ 1個、マルチビタミン&ミネラル 1個、アミノ12パウダー 1個)と、イーファイトより記念の盾が贈られます。

アルティメットフレキシジョイントUC-Ⅱ®

非変性Ⅱ型コラーゲン(UC-Ⅱ®)に、MSMやユニベスティン、キャッツクローを配合したサプリメントです。

マルチビタミン&ミネラル

100%自然素材を使用したビタミン&ミネラルサプリメント。着色料、香料、保存料は一切使用しておりません。

アミノ12パウダー

BCAAなど体内で合成できない必須アミノ酸を8種類配合。身体作りに好適なアルギニン、オルニチン、グルタミン、グリシン配合。飲みやすいオレンジ風味。

詳細はこちら 詳細はこちら

詳細はこちら

贈呈:ゴールドジム

ベストファイター記念インタビュー

■開会式では金メダルを期待され旗手に抜擢

東京五輪では4試合無失点。勝利しガッツポーズの須﨑優衣(getty)

 2021年7月23日の開会式から幕を開けたスポーツの祭典『東京オリンピック2020』。その開会式で、須﨑優衣はバスケットボール男子の八村塁と共に日本選手団の旗手を務めた。
 今大会での金メダル獲得や次回パリ五輪での活躍を期待されての抜擢で、レスリング女子選手が旗手を務めるのは2012年ロンドン五輪の吉田沙保里以来。身長203cmの八村と153cmの須﨑が日の丸を掲げて歩く“身長差50cm行進 ”は、大きな話題を呼んだ。

 だが、試合ではその入場行進をはるかに凌駕するビッグインパクトが待っていた。初戦から決勝までの4試合で、須﨑は相手に1ポイントも与えず、さらに全試合10点差以上のテクニカルフォール勝ちで金メダルの頂点にのぼり詰めたのだ。

 本インタビューでは、4試合をダイジェストで振り返ると共に、大会から4ヵ月を経た今だからこそ明かせるオリンピック出場までの苦闘、その時の心境などに的を絞り、本人にコメントをもらった。

▶︎次ページは須﨑が東京五輪で快進撃、動画では話題となった秒殺アンクルホールドでの優勝の瞬間も紹介

●編集部オススメ

・【五輪レスリング】須崎優衣が金メダル、わずか96秒の圧勝、4試合無失点の快挙

・ゴールドジム 公式サイト=トレーニング法や全国ジム一覧など

・須崎優衣の”秒殺”アンクルホールド4回転が話題、動画もアップ「何度見ても素晴らしい」

・【RIZIN】朝倉海が五輪“金”須﨑優衣とレスリングでガチ対決! 須﨑の高速タックルに勝負の行方は⁉

・”レスリングJK”ミスヤングマガジン山岡雅弥が抜群のボディで活躍中「レスリング根性で頑張る」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています
こんな記事も読まれています
●新着情報

TOP > 月間ベストファイター 一覧