TOP > ニュース

【レベルス】55kg級王者・日下部竜也が引退、ボクサーを目指す

2014/02/19(水)UP

 REBELSプロモーションより、REBELS 55kg級王者・日下部竜也(OISHI-GYM)がキックボクサーを引退することが発表された。

 所属していたOISHI-GYMによると、日下部は昨年いっぱいを以て退会、今年はじめより日本プロボクシング協会、JBC(日本ボクシングコミッション)に加盟するボクシングジム「和光ボクシングジム」に円満移籍しプロボクサーを目指すこととなった。プロテスト受験、プロデビュー時期は未定。

 日下部は4歳で空手を始め、中学3年の時にタイで試合を行っている。2008年と2009年の『K-1甲子園』に出場し、“天才”と称された。多彩なコンビネーションと攻撃力で2010年9月にシュートボクシング日本スーパーバンタム級王座を奪取(現在は返上)し、2011年10月にWBCムエタイ日本同級王座、2012年3月にWPMF日本同級王座を獲得。2013年7月にはREBELS55kg級を獲得し、四冠王となった。

 なお、日下部の引退に伴いREBELSタイトルは返上。

☆日下部竜也 選手データ 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > ニュース