TOP > ニュース 一覧

【JTAテコンドー】愛川ゆず季、新技で板割り成功

2014/11/29(土)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

▲茶帯になった愛川ゆず季(右)今年も試割式に挑戦。連続蹴りで板を真っ二つに

 【速報動画】愛川ゆず季が飛びカカト落としで板を真っ二つ

▲愛川の新技「飛びカカト落とし」。空中高く飛び上がってのカカト落としで見事成功

 11月29日(土)東京・後楽園ホールで開催された日本テコンドー協会(JTA)『第25回全日本フルコンタクト・テコンドー選手権大会 ITA杯無差別級王者日本一決定戦』の開会式で、元女子プロレスラー&グラビアアイドルの愛川ゆず季が始球式ならぬ“試割式(しわりしき)”に今年も挑戦した。

 昨年の青帯(3級)から茶帯(1級)に進級した愛川は、後ろ廻し蹴りと飛びカカト落としの連続蹴りによる板割りを行い、見事に真っ二つ。7年連続で試割式に成功した。

 飛びカカト落としは上級者向けの技で、「プロレスでも使っていなかった技で今回初挑戦しました」と愛川。「飛び技も出来るんだぞってところを見せたかった。成功して嬉しいです。プロレスを引退して人を蹴ることがなくなったので、そのストレスを板にぶつけました」と笑顔でコメント。

「12年かかって茶帯まで来ました」と言う愛川は、なんと現在、黒帯への昇段にチャレンジ中だという。さらに、「黒帯を取って気持ちがよくなったら試合にも出るかもしれません。出るからには優勝するしかないので、その覚悟が出来たら出ます」と、試合に出場する可能性があると語った。

【速報動画】愛川ゆず季が飛びカカト落としで板を真っ二つ

 
●大会結果の写真・レポートはこちら 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > ニュース 一覧