TOP > ニュース 一覧

【WSR】陣内、初防衛戦をクリアして世界へ

2015/09/04(金)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

3度目の対決となる陣内(左)と小田巻(右)

 9月27日(日)東京・ディファ有明にて開催される『SUK WEERASAKRECK X』の記者会見が、4日(金)都内にて行われた。

 WPMF日本女子バンタム級王者・陣内まどか(エスジム)が、小田巻洋子(WSRフェアテックス池袋)を挑戦者に迎えて初防衛戦を行う。

 陣内はジュニア時代から才能を発揮し、15歳でプロデビュー。2013年2月に大石ゆきのを下してWPMF日本女子バンタム級王座を獲得、同年7月に谷村郁江を下しJ-GIRLS同級王座も奪取し、10代で悲願の二冠王を達成した。

 両者は2014年2月の『M-FIGHT』にて首相撲・つかみありのWPMFルールで対戦し、陣内がフルマークの判定で勝利。同年11月には首相撲と・つかみのなしのJ-GIRLSルールで再戦し、これも大差の判定勝ちで陣内がJ-GIRLS王座の初防衛に成功した。

 3度目の対戦となる今回。過去の対戦成績を見れば陣内有利は動かないが、陣内は「試合毎にパンチとキックのバランスが良くなっている」と小田巻の成長を警戒。それでも「男子のような重いミドルキックを蹴って、初防衛戦なのできっちりとベルトを守りたい。私はムエタイルールの方が得意なので、前回よりも圧倒的に勝てると思います」と、得意のミドルキックで圧倒勝利宣言をした。

 対する小田巻は「このチャンスをいただいたからにはベルトを持って帰ります。陣内選手は中学生の頃からファンとして見ていた選手。とにかく上手いですが、それを崩して勝ちたい。普通にムエタイをやったら勝てないので、倒しに行きます」と、打ち合いに持ち込むという。

 また陣内は、「世界戦のチャンスをもらいたい」と、防衛に成功したら世界タイトルマッチに挑みたいと語った。

・【試合動画】J-GIRLS王座を懸けて対戦した陣内と小田巻 
・【試合動画】陣内vsシュートボクシング高橋藍

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > ニュース 一覧