TOP > ニュース

【ムエタイ】福田海斗が日本人初の殿堂特別興行に出場

2015/12/07(月)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

日本人として初めてルンピニー設立記念興行のビッグマッチに出場する福田(右)とその師匠である元NJKFライト級王者・佐藤孝也会長

 12月8日(火・現地時間)タイ・バンコクにあるムエタイ2大殿堂のひとつルンピニースタジアムにおいて、同スタジアムの創立記念興行『ルンピニー チャンピオンクルックライ』が開催される。

 ルンピニーのスターたちが一同に集う年に一度のビッグマッチ。この大会に日本人として初めて、WPMF世界フライ級王者・福田海斗(キング・ムエ)が出場する。

 高校生の福田は11月6日にルンピニーで試合を行い、もうひとつの殿堂であるラジャダムナンスタジアムのライトフライ級王者クワンドム・トーミンブリー(タイ)を破る快挙を達成。この試合は100万バーツ(約350万円)の賭け試合でもあり、タイで大きな話題を呼んだ。

 この勝利により福田は今回、プロムエタイ協会フライ級王座決定戦をタナデー・トープラン49(タイ)と争う。もし福田が勝てば、史上初の外国人プロムエタイ協会王者となる。

大会のポスターにはカイムックカーオ、ペッブンチュー、スーパーレックなどのムエタイスター選手たちがズラリと並ぶ

 福田は「他の有名選手と一緒に試合に出場出来るのは嬉しいというか、自分でいいのかな? なんて思うときがあります。まだピンと来ない、と言っては失礼ですが、全て会長をはじめタイの方々、皆さんのおかげなので、自分は感謝するだけですね。自分の出来ることを一生懸命やるだけです」と、今回の出場についてコメント。

 対戦するタナデーについては、「映像を何度か観ましたが、強い選手です。ずっと前、自分の試合の時にメインで試合をしていたことがあって、対戦するとは最近まで思ってなかったです。気持ちの強い選手ですが、自分はそれに負けないくらい強い気持ちで戦いたいと思います」と評した。

 今回の試合には、初めて父が応援に来るという。「タイで30戦以上試合していますが、今回が初めてです。今までのタイでのファイトマネーを貯めて初めて招待したんですよ。父親の前でカッコ悪いところは見せられないですよね」と福田は意気込みを語った。

●編集部おススメ記事
・現役高校生・福田海斗、現役ラジャダムナン王者を破る快挙達成 

ルンピニースタジアム創立記念興行
「ルンピニー・チャンピオングルックライ」
2015年12月8日(火・現地時間)タイ・ルンピニースタジアム

▼第3試合 タイ国プロムエタイ協会フライ級(112ポンド)タイトルマッチ
タナデー・トープラン49(タイ/オムノーイスタジアム・ライトフライ級7位、プロムエタイ協会同級10位、チャンネル7スタジアム・フライ級8位)
vs
カイト・ウォーワンチャイ(=福田海斗/キング・ムエ/WPMF世界フライ級王者)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > ニュース