TOP > ニュース 一覧

【IGF】山本勇気が参戦「ここで勝って青木が出てくればやる意味がある」

2015/12/07(月)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

70.3kg契約のIGFルールで対戦することが決定した山本勇気(左)と奥田啓介(右)

 12月31日(木)東京・両国国技館にて開催される『INOKI BOM-BA-YE2015』の記者会見が、12月7日(月)都内にて行われ、追加対戦カードとして山本勇気(パラエストラ千葉)vs奥田啓介(IGF)が発表された。

 奥田は空手で極真会館OSAKA’s CUP優勝。大学に進学後、レスリングでは2012年フィンランドで開催されたグレコローマン世界学生選手権に日本代表として出場した実績を持つ(9位)。現在はIGFでプロレスラーとして活躍中。

 山本と奥田は11月29日、東京・ディファ有明で開催された『GRACHAN 20』で急接近。奥田が山本に対戦を要求し、山本が奥田を突き飛ばし乱闘寸前となっていた。

 山本との対戦が実現した奥田は「自分はレスリングで世界大会に出て、空手でも全国大会で優勝。やるべきことを全部やってきて負ける要素が1つもない。山本の印象? 特にない。目の前の相手をぶっ倒したいだけ」と自信満々のコメント。

プロレスラーとして活躍時は85kgあった奥田

 8月のIGF4参戦時(将軍岡本とプロレスルールで激突)、85kgあった奥田の体重は、今回の契約体重70.3kgに合わせて順調に落ちているという。MMA初挑戦に向けて青木真也、北岡悟らと練習しており、「勝つための練習を青木さんと北岡さんから教えてもらっている。大みそかには山本の首を獲りたい」とした。

 これを受けて山本は「青木と練習すれば強くなれるわけではない。ここで勝って青木が出てくれば自分にとって(今回の一戦は)やる意味がある」と奥田を下し、昨年の大みそかに敗れた青木真也へのリベンジ戦につなぎたいという。

「さくっとKOする。青木と北岡のテクニックでちょこちょこと寝技で来るんだろうけど、そういう練習の成果も出せないまま試合が終わるんじゃないか」と短期決着を予告した。

<追加対戦カード>

▼IGFルールマッチ IGFチャレンジ NEXT2016 5分2R
山本勇気(パラエストラ千葉)
vs
奥田啓介(IGF) 

【大会・チケット情報】 12・31 イノキ・ゲノム・フェデレーション(IGF) 「INOKI BOM-BA-YE2015」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > ニュース 一覧