TOP > ニュース 一覧

【MAT】怒り新党で話題、ムエタイ世界女王の女子高生 伊藤紗弥が計量パス

2015/12/18(金)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

計量をクリアーした“天才ムエタイ少女”伊藤紗弥

 12月19日(土)東京・ディファ有明にて開催される新たなキックボクシング大会『MAT』の前日計量&会見が、18日(金)同所にて行われた。

 出場選手が次々と計量をクリアーしていく中、第9試合の46kg契約で対戦するプーケット女子ピン級王者ロージャナー・ロンポージム(タイ)は44.95kgで計量を一発クリアーしたが、“天才ムエタイ女子高生”伊藤紗弥(尚武会)は二度目の計量でパスした(46kg)。

 9月にLittle Tigerを破り、16歳でWPMF世界女子ピン級王座に就いて初の試合を迎える伊藤は「蹴り合い、首相撲を見せてこれがムエタイだとわかってもらえる試合をしたい」と意気込みを語る。

 12月9日にはテレビ朝日「マツコ&有吉の怒り新党」の番組内で伊藤の試合映像などが紹介されたことを受け、反響が物凄くあったという。「テレビで紹介されてから1週間はツイッターの通知が止まらず、フォロワーが7,000人も増えました。『応援しています』『試合を見て感動しました』というメッセージをいただき、今回の試合は世界戦の時よりもプレッシャーを感じていて緊張しています」と苦笑い。

 30戦22勝8敗の戦績を持つロージャナーを相手に「世界チャンピオンらしい試合をして勝ちます」と勝利を誓った。

第10試合のMAT女子ムエタイルールで対戦する陣内まどか(左)とクワンチャイ・ソータワンルン(右)

 また、第10試合でWMC世界女子バンタム級王者クワンチャイ・ソータワンルン(タイ)と対戦するJ-GIRLS&WPMF日本女子バンタム級王者・陣内まどか(エスジム)は53.4kgで計量パス。

 2度目となるタイ人選手との試合を前に陣内は「ムエタイスタイルで勝負して蹴り勝ちたい。今回は左ミドルだけでなく、右ミドルにも注目してほしい」とミドルに自信満々。「ヒジありは楽しいのでこの試合後も積極的にヒジありの試合に出たい」とムエタイルールに挑戦していきたいとした。

【試合動画】伊藤紗弥の国内プロデビュー戦、ダウンを奪って勝つ
【試合動画】陣内まどかのJ-GIRLS王座初防衛戦
【試合動画】陣内まどかvsシュートボクシングの高橋藍 

【大会・チケット情報】 12・19 エム・アール不動産「MAT vol.1」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧