TOP > ニュース 一覧

【ボクシング】井岡一翔vsレベコ再戦、グローブの色で大揉め

2015/12/30(水)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

使用するグローブの色をめぐって記者会見は大混乱。両陣営ゆずらず、揉めに揉めた

 12月31日(木)エディオンアリーナ大阪で開催されるWBA世界フライ級タイトルマッチの調印式&計量が、30日(木)大阪市内で行われた。

 今回が2度目の防衛戦となる王者・井岡一翔(井岡ジム)、挑戦者の前WBA世界フライ級王者フアン・カルロス・レベコ(アルゼンチン)はともにリミットちょうどの50.8kgで計量をクリアー。しかし、計量前の調印式で思わぬ“番外戦”が繰り広げられた。

王者・井岡は当初からの予定通り黒いグローブを入念に選ぶ

 調印式に続いて行われたグローブチェック(2種類用意されたグローブのうち1種類を選ぶ)にて、レベコ陣営は用意されていた挑戦者用の青いグローブの使用を拒否。井岡と同じ黒いグローブを使いたいと主張した。

 これに対し、井岡陣営も「チャンピオンは一翔。黒はあかん」と譲らず、両陣営の言い争いが約40分も続いたのだ。最終的にレベコ陣営が納得し、当初の予定通り青いグローブを使用することになったが、時間が大幅に押したため記者会見の時間はほぼ無くなり、計量となった。

挑戦者レベコ陣営は井岡とおなじ黒いグローブの使用を要求。最終的には青で納得した

 計量後、井岡は「平常心です。問題ない。全てにおいて準備が出来ているので影響はありません」と、揉め事は気にしないとコメント。

 4月のタイトルマッチでレベコ陣営が判定内容にクレームをつけたことに関しては、「前回の微妙な判定が今の自分を強くさせた。全ていい方向にいったので準備は出来ています」と、そのことでさらに成長出来たと言い、「2015年を締めくくる試合をしたいです」と意気込んだ。

 井岡はプロテニス選手のノバク・ジョコビッチが取り入れている、小麦粉を一切カットしたグルテンフリーという食生活を実践したところ、「全然体調が違う」という。「(23日の)公開練習の時点であんなに動けるなんて自分でもビックリした」と手応えを感じている。

計量をパスした井岡。揉め事にも「平常心」と動じなかった

 また、前日に行われた八重樫東が世界3階級制覇を達成した試合はテレビで見たと言い、「でも僕は僕なので唯一無二を志してやっています。僕にしか出来ないことがあるはず。僕の試合を見た人に何かメッセージを伝えたい」と語った。

 なお、レベコは計量を終えるとすぐに会場を後にし、ノーコメントだった。

●編集部おススメ記事
・井岡がボディを効かせフライ級初防衛
・井岡が世界最速3階級制覇
・井岡ぺレスにKO、大晦日4年連続勝利
 

【大会・チケット情報】 12・31 井岡ボクシングジム「WBA世界フライ級タイトルマッチ」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > ニュース 一覧