TOP > ニュース 一覧

【K-1】卜部弘嵩、KO決着を予告「判定は自分のプライドが許さない」

2016/02/19(金)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

公開練習で強烈な左ミドルを見せた卜部弘嵩(右)

 3月4日(金)東京・国立代々木競技場第二体育館で開催される『K-1 WORLD GP 2016 IN JAPAN~-65kg日本代表決定トーナメント』のスーパーファイトにて、ヨハネス・ウルフ(ドイツ)と対戦するK-1 WORLD GP -60kg王者・卜部弘嵩(K-1ジム・チームドラゴン)が2月19日(金)都内の所属ジムにて公開練習を行った。

 昨年11月のK-1では弟・卜部功也との一戦をKOで制し、K-1 WORLD GP -60kg王座を奪取した卜部。試合前に右足の筋肉を断裂していたことでほとんど蹴り技が使えなかったが、試合後の休養期間でケガも完治。この日の公開練習では、強烈な左右のミドル主体のミット打ちを披露し好調をアピールした。

 さらに、これまで通常体重は67~68kgあったが、食事制限で64kgを維持していることで「体重が軽くなって疲れがなくなった。練習では調子の良い時と悪い時の波があったが、今はなくなった」とコンディションも万全のようだ。

 対戦相手のウルフはWKA世界スーパーフェザー級王者、ISKA世界フルコンタクト・スーパーフェザー級王者、WAKO-PRO世界ライト級王者などの肩書きを持ち、戦績は40勝(28KO)3敗1分。“ドイツの超人”の異名を持ち、変則的な戦いをするという。

 卜部は「映像を見たら回転系のイメージが強い選手だったけれど、あの高いKO率を見ると回転系の技以外にも武器があると思う」と予想。

 警戒する卜部だが、「強引に行ってでも倒さなきゃいけないという使命感がある。K-1チャンピオンとしてKOじゃないと許せない自分がいる。今はどんな技でも倒せる自信があるし、僕にとってはKOするのが当たり前。判定決着は自分のプライドが許さない」と完全KO決着を予告した。

●編集部おススメ記事
・卜部弘嵩、兄弟対決を制しK-1新王者に
・蹴りまくった卜部がTKO勝ち、K-1王者の弟へ挑戦状

【大会・チケット情報】 3・4 K-1実行委員会「K-1 WORLD GP 2016 IN JAPAN~-65kg日本代表決定トーナメント~」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > ニュース 一覧