TOP > ニュース 一覧

【RIZIN】再起戦の元谷の前にシュートボクセの更なる強豪

フォロー 友だち追加
2016/03/16(水)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

DEEPフライ級王者・元谷友貴

 4月17日(日)愛知・日本ガイシホールで開催される『RIZIN.1』の記者会見が3月16日(水)都内にて行われ、追加対戦カードが発表された。

 DEEPフライ級王者・元谷友貴(CB IMPACT)の対戦相手は、シュートボクセ・アカデミー所属のアラン・ナシメント(ブラジル)に決定。

 元谷は昨年末RIZINに参戦し、同じくシュートボクセ・アカデミーのフェリペ・エフライン(ブラジル)と対戦するも、ダウンを奪われてレフェリーストップ。エフラインが契約体重をオーバーしていたため、ノーコンテストの裁定となった。

 今回の相手ナシメントはプロデビュー後判定決着なしの7連勝を挙げ、24歳にして17戦を経験。身長175cmとフライ級の選手の中では飛び抜けて身長が高く(元谷は170cm)、長いリーチを駆使した遠い距離からの打撃やサブミッションを得意とする。

シュートボクセ・アカデミー所属のアラン・ナシメント

 会見に出席した高田延彦・RIZIN統括本部長は「ナシメントの実力はエフラインよりも遥かに上。本来はナシメントを昨年のRIZINに送り出したかったようですが、ケガをしたために出場を断念しました。14勝のうち12勝がグラップリングによる一本勝ち。一番得意なのは打撃というので、立っても良し寝ても良しで極めも強い。日本至宝と呼ばれる元谷選手ですが、厳しい戦いになる」と元谷の苦戦を予想する。しかし、「元谷選手にはここで何とか大化けして、アジアではなく世界に出て行くために、大きな試合を1つ1つクリアーして進化していって欲しい」と元谷にエールを送った。

 なお、元谷は主催者を通して「年末は対戦相手が計量オーバーしたのですが、結果的に自分の詰めの甘さを実感する試合になってしまいました。今回はきっちり一本かKOで極め、再びエフラインとの再戦につなげたい」とコメントしている。

●編集部おススメ記事
元谷、無効試合裁定もエフラインの左フックに散る
初防衛に成功した元谷、年末RIZIN出場が決定

<追加決定カード>

▼スペシャルワンマッチ 110kg契約 RIZIN MMAルール
イリー・プロハースカ(チェコ/RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2015準優勝)
vs
藤田和之(第2代IGF王者)

▼スペシャルワンマッチ 56.7kg契約 RIZIN MMAルール
元谷友貴(CB IMPACT/DEEPフライ級王者)
vs
アラン・ナシメント(ブラジル/シュートボクセ・アカデミー)

フォロー 友だち追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

」をもっと見る

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。


【関連リンク】

TOP > ニュース 一覧