TOP > ニュース 一覧

【UFC】五味隆典参戦、マクレガーとディアスがメインで再戦

2016/03/31(木)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

UFC10戦目が決定した五味隆典(右)

 7月10日(日・現地時間)アメリカ・ネバダ州ラスベガスのT-Mobileアリーナにて開催される『UFC 200』の主要対戦カードが発表され、五味隆典(久我山ラスカルジム)が参戦する。

 五味は今回がUFC10戦目となり、通算戦績は4勝6敗。前回は2015年7月にジョー・ローゾンと対戦し、二試合連続でのTKO負けを喫した。対戦相手のジム・ミラー(アメリカ)は25勝8敗1ノーコンテストの戦績を誇る。2015年12月の『UFC Fight Night』ではマイケル・キエーザと対戦し、リアネイキドチョークで一本負けを喫したが、ファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞している。こちらも二連敗を喫しており、五味と生き残りを懸けた一戦を迎える。

3月にディアス(右)に敗れたマクレガー(左)。連勝は15でストップした

 またメインイベントではネイト・ディアス(アメリカ)とUFCフェザー級王者コナー・マクレガー(アイルランド)が激突。

 両者は3月の『UFC196』で対戦。互いに譲らぬ激しい攻防戦を繰り広げ、序盤こそマクレガーがリードしていたが、最終的には血を垂れ流しながらもディアスがリアネイキドチョークでマクレガーから一本勝ちした。

●編集部おススメ記事
マクレガー、ディアスに一本負けしUFC初黒星
五味隆典、2分37秒で失神TKO負け

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > ニュース 一覧