TOP > ニュース 一覧

【MA日本キック】地元・愛媛で防衛戦の恭士郎「全力で倒しにいく」

2016/04/09(土)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

王者対決で行われるBigbangスーパーライト級タイトルマッチ、王者・恭士郎(右)vs挑戦者・大石(左)

 4月10日(日)愛媛・西条市総合体育館で開催される『村上祭 VOL.1』の前日計量が、9日(土)同所で行われた。

 90年代前半、K-1を始め空手・キックボクシングで活躍した士魂村上塾・村上竜司塾長の出身地で行われる今大会。メインイベント、Bigbangスーパーライト級タイトルマッチで対戦する王者・恭士郎(士魂村上塾)は63.5kg、挑戦者のMA日本スーパーライト級王者・大石駿介(OISHI GYM)は63.4kgで計量を一発クリアーした。

 村上塾長と同じく愛媛県西条市出身の恭士郎は凱旋試合を前に「地元に着いて身が引き締まりました。まさか地元で試合をやれるとは思っていなかったので、明日は周りの人に感謝して試合で魅せます。プレッシャーはありますが、それを力に変えます」と気合十分。「1~3R、全てのラウンドをかけて全力で倒しにいきます」と固く勝利を誓った。

 一方、大石は「自分は地元で試合をしたことがなく、東京での試合が多いのでどこで試合をしてても基本はアウェーなので、相手の地元で試合をすることは特に何も気にしていません」といつも通りの心境で試合に臨む。恭士郎については「士魂村上塾の3番手という印象があって、今まで特に意識していなかった選手。チャンピオンになって勢いがある」と印象を語る。

「前に出てくる選手なので噛み合う試合になる」と予想しながら「何としてでもベルトを獲りたい」とMA、J-NETWORKに続いて3本目のベルト獲得に意欲を見せていた。

●編集部おススメ記事
漢・村上竜司が地元で祭りを開催
激しい打ち合い制し恭士郎が新王者に 

【大会・チケット情報】 4・10 マーシャルアーツ日本キックボクシング連盟/士魂村上塾 「村上祭 Vol.1」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > ニュース 一覧