TOP > ニュース 一覧

【ZONE】超過激格闘技に一流ムエタイ戦士が挑む

2016/04/11(月)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

ラウェイ現役最強戦士と超過激ルールで対戦する元ラジャダムナンスタジアム認定ウェルター級8位プロイタクシン

 5月1日(日)神奈川・横浜文化体育館で開催されるキックボクシング大会『ZONE 4「原点回帰」』。同大会では“地球上で最も過激な格闘技”“究極の戦い”と言われるミャンマーの格闘技ラウェイの試合が行われる。

 ラウェイとは、手にグローブを着けずバンテージのみを着用。パンチ、キック、ヒジ打ち、ヒザ蹴りに加えて頭突き、投げ技、立ったままの関節・絞め技あり(寝技は禁止)で“素手のムエタイ”として知られる。

 同大会に参戦が決まっていたミャンマーラウェイ現役最強戦士ソーゴームドー(ミャンマー)の対戦相手は、ムエタイの殿堂ラジャダムナンスタジアムでウェルター級8位にランクされていたプロイタクシン・ノー・ナクシン(タイ)に決定。

 タイとミャンマーは隣国で、かつては国境でムエタイvsラウェイの対抗戦が行われていたこともあった。また、ムエタイの国際大会『THAI FIGHT』ではラウェイルールの試合が数試合行われている。

 戦い方に慣れているのはラウェイ側だが、打撃テクニックで優れているのはムエタイ側。かつての対抗戦でもムエタイ側が勝利したこともある。ラウェイ現役最強戦士vsムエタイ殿堂ランカー、究極の戦いに勝つのはどっちだ。

●編集部オススメ記事
・ミャンマーの過激格闘技に日本人選手が再挑戦
・素手&頭突きあり!寒川直喜、敵地で無差別級王者と対決

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > ニュース 一覧