TOP > ニュース

【K-1】武尊「今までにない技」で勝利予告

2016/04/13(水)UP

公開練習で左ハイを放つ武尊(左)

 4月24日(日)東京・国立代々木競技場第二体育館で開催される『K-1 WORLD GP 2016 IN JAPAN ~-60kg日本代表決定トーナメント~』に出場するK-1 WORLD GP -55kg王者の武尊(K-1ジム・チームドラゴン)が、4月13日(水)都内の所属ジムにて公開練習を行った。武尊はスーパーファイト(ワンマッチ)でヨーセンチャイ・ソー.ソーピット(タイ)と対戦する。

 ムエタイ選手との対戦が決まってから、自身の原点である空手の映像を観ていたという武尊。「空手の技はけっこう独特なので、ムエタイ選手が読めない動きが出来るのではないかと思います。ムエタイ選手は形がきれいな蹴りは打つけれど、トリッキーな蹴りとかは出来ないと思うので、そういうものを練習しています」と、その意図を語る。

 さらに、去年から「一撃で倒す技」を多く作ることに取り組んできており、念願だったムエタイ選手との対戦を前に「今回は今までに見せたことがない技で倒すかもしれないですね」と、新技での勝利を予告した。

 公開スパーリングでは、飛びヒザ蹴りや後ろ回し蹴りを織り交ぜ軽快な動きを見せた武尊。特に飛びヒザ蹴りについては、メディアの企画で対談したプロレスラーの武藤敬司から必殺技の「シャイニングウィザード」を伝授されたことを明かし、思い入れも強い様子。「(武藤さんと)シャイニングウィザードで倒してK-1ラブポーズをすると約束したので、試合の中で狙えたら狙っていきたい」と意気込んだ。

 大みそか以来、約4カ月ぶりの試合となる武尊だが、試合後1カ月を過ぎた頃から「戦いたい欲」が強く出ていたと、戦いに飢えているようだ。対戦相手の印象について聞かれると「テクニック、パワー、スピードも凄くあるけれど、嫌な相手という印象はまったくない。強くないと試合をしていても楽しくないので、凄く楽しみですね」と、チャンピオンとしての貫禄も感じさせた。

●編集部おススメ記事
・武尊、望み通り相手はムエタイ戦士「ぶっ飛ばしたい」
・K-1ファイター武尊がKO勝ち

【大会・チケット情報】 4・24 K-1実行委員会「K-1 WORLD GP 2016 IN JAPAN~-60kg日本代表決定トーナメント~」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > ニュース