TOP > ニュース 一覧

【ボクシング】井上尚弥、V2戦テーマは「自然体」

2016/05/06(金)UP

2試合連続で1位の最強挑戦者を迎え撃つ井上(左)。右が挑戦者のカルモナ

 5月8日(日)東京・有明コロシアムで開催される『ボクシングフェス5・8~井上尚弥&八重樫東ダブル世界戦~』の記者会見が、6日(金)都内にて行われた。

 WBO世界スーパーフライ級王者・井上尚弥(大橋ジム)は、挑戦者に同級1位ダビド・カルモナ(メキシコ)を迎えて2度目の防衛戦を迎える。カルモナは20勝(8KO)2敗5分の戦績を持ち、WBOラテンアメリカ・スーパーフライ級王座を保持していた(現在は返上)。

当日使用するグローブを試着し、入念にチェックする井上

 井上は「コンディションは整っています。5カ月前(初防衛戦)よりも進化した試合を見せられると思います」と、2試合続けてのランキング1位との防衛戦に緊張感を漂わせながらのコメント。

 カルモナの印象は「アマチュアのキャリアがあってテクニックがあって、アウトボクシングをする印象です。(相手は)世界戦3回目なので落ち着いていていい状態だと思いました」と評し、世界戦5連続KO(通算では5連続KO中)の期待がかかっていることについては「特に意識することなく“自然体”で自分のボクシングをやるだけです」と語った。

 この自然体という意味は、「前の2試合(ともに2RでKO・TKO勝ち)も自然体で臨んでああいう結果になりましたが、自分で自分のハードルを上げてしまい、気負った部分がありました。そこにこだわらずいつも通りの自分のボクシングをやる、ということです。KOを意識してしまうと気負いや力みが出て来てしまうので。流れの中でKOになればいい」と説明。

厳しい表情が多かった井上だが、大橋会長(右)との会話では笑顔も見せた

 自分のボクシングとは、「本来の僕のスタイルはパワーではなく、相手に打たせずに相手を崩しながら組み立てていくスタイル。そこを見て欲しい」という。

「明後日の試合を確実にクリアすることだけを考えています」と試合に集中していると言い、「勝負は早ければ早いほどいい」と自然体で今回も早いラウンドで決着がつけられれば理想、とした。

 なお、今大会はフジテレビ系全国ネットにて当日19:00から放映される。

●編集部オススメ記事
・井上、破壊力で圧倒、2RTKOで初防衛
・井上、KOで世界奪取やはりモンスターだ

【大会・チケット情報】 5・8 大橋ボクシングジム「ボクシングフェス5・8~井上尚弥&八重樫東ダブル世界戦~」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > ニュース 一覧