TOP > ニュース

【K-1】初参戦の小宮山「卜部弘嵩を驚かせたい」

2016/05/08(日)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

新生K-1に初参戦を果たす小宮山

 6月24日(金)東京・国立代々木競技場第二体育館で開催の『K-1 WORLD GP 2016 IN JAPAN~-65kg世界最強決定トーナメント』に出場する、BLADE FC JAPAN CUP -61kgトーナメント王者&第3代RISEスーパーフェザー級王者・小宮山工介(北斗会館)のコメントが主催者を通じて届いた。

 小宮山はK-1 WORLD GP -60kg王者・卜部弘嵩(K-1ジム・チームドラゴン)とスーパーファイト(ワンマッチ)で対戦する。

幼少の頃から空手を学び、現在も空手を教えている

 2010年に前体制のK-1に2度出場したことがある小宮山は、「何度か試合を見させていただいたのですが、K-1は華のある素晴らしい舞台だと思います。K-1自体が新しくなって、自分も当時とは変わっているので、色々と新しくなった印象があります」と新生K-1の印象を語る。

 K-1初参戦を決めた理由は、「卜部弘嵩選手と功也選手の兄弟対決を生で観戦していて、すごくリスペクトして見ていました。こういう兄弟いいな、こういう兄弟と試合が出来たら、自分ももっと格闘技が好きになれるんじゃないかなって」と、卜部兄弟と戦うことだったことをあげる。

空手の多彩な蹴り技が小宮山の武器だ

「とにかく試合を見てもらいたいですね。そして僕という存在を知ってもらいたいです」と言う小宮山だが、「何よりも対戦相手の弘嵩選手を驚かせたいです」という。

「父の空手が沖縄の伝統空手の流れを汲んでいるので、武器を使った練習や武器術に触れてきました。プロになってからも武器を使った練習をすることもあって、そうした練習をしてみるとまた違った感覚で勉強になりますね。また、蛇、虎、ライオン…色んな動物の映像を見ますし、その動きを真似することもあります。もちろんボクシングだったり、他の格闘技を見て勉強もしますよ」と、独特の感性で培った動きで卜部を驚かせるのか。

●編集部オススメ記事
・小宮山がTKO勝ちでトーナメントを制す
・小宮山の前蹴り光るもゲーオがダウンを奪い勝利

【大会・チケット情報】 6・24 K-1実行委員会「K-1 WORLD GP 2016 IN JAPAN~-65kg世界最強決定トーナメント~」
 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > ニュース