TOP > ニュース 一覧

【クンルンファイト】内山高志と戦ったジョムトーンが64人トーナメント参戦

2016/06/02(木)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

2015年5月に内山(左)と世界タイトルマッチを争っているジョムトーン(右)

 中国の人気立ち技格闘技大会『クンルンファイト』で、昨年も行われた70kgトーナメントが今年も開催されている。このトーナメントは16名のトーナメントを4ブロックに分け(4人予選トーナメントを14回)、総勢64名もの選手によって1年がかりで争われる大規模なもの。

 日本からもWBCムエタイ・インターナショナル・スーパーウェルター級王者の宮越宗一郎(拳粋会)、K-1 WORLD MAX 2010日本王者・長島☆自演乙☆雄一郎(魁塾)が参戦しているこのトーナメントに、元ラジャダムナンスタジアム認定スーパーフェザー級王者ジョムトーン・チューワッタナ(タイ)の参戦が決まった。

 ジョムトーンは卓越したテクニックでムエタイのトップに君臨。2009年6月には日本で現K-1 WORLD GP -65kg王者ゲーオ・フェアテックスと対戦し、勝利を収めている。

 ボクシング転向後はわずか10戦目にしてWBA世界スーパーフェザー級10位となり、2015年5月にWBA世界スーパーフェザー級王者(当時)内山高志10度目の防衛戦で挑戦者として戦った(内山が2RでTKO勝ち)。

 ジョムトーンはトーナメント1回戦で、かつてK-1 WORLD MAXに参戦していたウォーレン・スティーブルマンズ(南アフリカ)との対戦が決まっている。なお、トーナメント同グループには長島☆自演乙☆雄一郎もエントリーしており、グ・ヒュイ(中国)と対戦する。

●編集部オススメ記事
・内山の強打爆発、ジョムトーンを2回KOでV10
・ムエタイ王者ジョムトーンがK-1王者・大和哲也に完封勝利 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > ニュース 一覧