TOP > ニュース

【RIZIN】現役女子高生ファイターが初参戦

2016/10/27(木)UP

RIZIN初参戦となる現役女子高生ファイターの浅倉カンナ

 12月29日(木)、31日(土)さいたまスーパーアリーナ にて開催される『RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2016 無差別級トーナメント 2nd ROUND/Final ROUND』の記者会見が、10月27日(木)都内で行われた。

 PRIDE時代を通じて、史上初めて女子高生ファイターが大舞台に参戦する。参戦が決定したのは浅倉カンナ(パラエストラ松戸)。幼少よりレスリングを学び、2011年クリッパン国際大会38kg級優勝、2013年ジュニアクイーンズカップカデット46kg級準優勝などの実績を残し、2014年10月に17歳でプロデビュー。

制服姿で会見場に登場した浅倉

 わずか3戦目で元ヴァルキリーフライ級王者・玉田育子を破り大器の片鱗を見せつけたが、今年4月にパンクラスで朱里に初黒星。その後は2連勝で現在5勝1敗の好成績をあげている。

 浅倉は制服姿で会見に出席し、「まだ高校生です。大きい舞台で試合が出来ることを嬉しく思っています。相手はまだ決まっていませんが、大きい舞台でするからには相手が誰でもKO、一本を狙って会場が沸く試合を見せたい」と挨拶した。

浅倉は「KO、一本を狙って会場を沸かせる」と意気込みを堂々と述べた

 榊原信行RIZIN FF CEOは、「アマチュアスポーツを見ても近年10代の活躍が凄い。次の世代を担う選手が出てくる中で、終焉を迎える選手もいる。そういうコントラストが見えるのはいいことです」と、浅倉に次世代を担うファイターとしての期待を寄せた。

 なお、浅倉は1997年10月12日生まれの19歳だが、高校を留年してしまったとのこと。

●編集部おススメ記事
18歳・浅倉カンナがROAD FC戦士を下す
浅倉カンナvs朱里の試合レポート

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース