TOP > ニュース

【RIZIN】ヴァンダレイ・シウバが年末欠場か

2016/12/05(月)UP

無差別級トーナメント2nd ROUNDで10年ぶりの再戦が決まっていたシウバ(左)とミルコ(右)

 12月29日(木)、31日(土)さいたまスーパーアリーナ にて開催される『RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2016 無差別級トーナメント 2nd ROUND/Final ROUND』。トーナメント2nd ROUND(準々決勝)でミルコ・クロコップ(クロアチア)との対戦が決定しているヴァンダレイ・シウバ(ブラジル)が、大会を欠場する意向を示していることが分かった。

 4日(日・現地時間)シウバは自身の公式動画サイトに動画メッセージを投稿。その中で、「回復具合からして100%の状態で戦うことが出来ない」と打ち明けた。

 シウバは今年5月に交通事故に遭い、肩を負傷して手術を受けており、その回復状況が芳しくなかったことを示唆。「30秒か1分間だけ戦ったとしても、金を受け取ることが出来る。でも俺はプロのファイターだ。100%の状態でないと戦うことは出来ない。俺が重傷だったことは皆が知っている」と話した。

9月大会のリング上で、ミルコの対戦要求にシウバが「ヤルッ!」と答え、両者の再戦が決定した

 また、この動画を『ミルコへの返答』と題しており、2日(金・同)にミルコが自身のSNSに投稿したメッセージに対する返事と見られる。ミルコは投稿の中で、RIZINから連絡があったことを明かし、「”勇敢”なシウバが俺と戦いたくないと言っているらしい。彼は怖くなって気持ちが変わったんだろう。7月の記者会見では勇ましい男であるように演じながら、俺との対戦をアピールしていたようだ」と失望感を露にしていた。

 これについてシウバは、「自分はプロのファイターとして、ミルコや他の選手たちとも常にしっかりと準備が出来た状態で戦ってきた。しかし、レジェンドファイターの一人であるあのミルコが、コンピューターの後ろでこそこそとくだらないことを抜かしているのにはとても驚いた」とコメント。

 ミルコの挑発的な投稿に対して、「俺の前ではなくコンピューターの前でこそこそと陰口を叩くようなヤツなのか? 誰に物を言っていると思ってるんだ? 心配するな。今でなくとも、お前はそれ相応の結果に辿り着くことになるだろう。お前が俺を怖がっているのは分かっている。臆病者め」と、怒りを口にした。

 シウバは、「俺はかつての状態に戻るためにしっかりとトレーニングに励んでいる。ただリングに上がれば良いということではなく、勝つためにリングに上がるんだ。俺は必ず戻る。待っていてくれ」と、ファンにメッセージを送っている。

 この件に関して4日(日)夕方に放送されたFM NACK5『FIGHTING RADIO RIZIN!!』にて榊原信行RIZIN FF CEOは、「現状、ヴァンダレイ選手に関しては最終どうなるこうなるは来週(※5日から始まる週)には発表できると思います」とコメント。

 シウバの現状について、「彼は今年の春先に交通事故に遭って、とにかくこのグランプリで日本に戻ってきたい、RIZINに戻ってきたいと今、一生懸命トレーニングをしているんですが、なかなかコンディションが上がっていかない。怪我が癒えないというのも現実的にあります。彼を取り巻くチームの中では、ドクターからストップがかかっているのも事実」と、怪我からの回復状況が芳しくないことを認めた。

 しかし、大会の出場については、「でも本人の強い意志も含めて我々主催者とともに調整をしていますので、皆さんにご心配をおかけしますが、来週それに対しての最終結論を出しますので今しばらくお待ち下さい」と話している。RIZINからの続報が待たれる。

●編集部おススメ記事
ミルコvsシウバ10年ぶり再戦が電撃決定
ヴァンダレイ・シウバが交通事故で手術

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース