TOP > ニュース

【ボクシング】世界再挑戦の五十嵐が山中慎介に見てもらいたいこと

2017/12/25(月)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

縦横無尽にリングを動き回る五十嵐(右)。持ち前のスピードで再び世界王座獲得を目指す

 12月31日(日)東京・大田区総合体育館でWBO世界フライ級王者・木村翔(28=青木ジム)に挑戦する、元WBC世界フライ級王者で現同級1位・五十嵐俊幸(33=帝拳ジム)の公開練習が、25日(月)都内所属ジムにて行われた。

 五十嵐はリングをめいっぱい広く使い、フットワークを駆使してのシャドーボクシングとミット打ちを披露。アウトボクシングだけでなくインファイトでの連打など、持ち前のスピードを生かした動きを見せた。

 浜田剛史・帝拳プロモーション代表は「この4年半見た中で最高のコンディションです。試行錯誤して今が完成されたボクシングです」と、五十嵐の仕上がりに太鼓判を押した。

「八重樫戦の時は(2013年4月、判定負けでWBC世界フライ級王座を奪われた)自信過剰なところがあってボクシングの本当の怖さをまだ知らなかった。今は不利になっても自分のボクシングに持っていける。身体も精神面もよくなっている。ボクサー生命を懸けて試合が出来ると思います」

 田中繊大トレーナーも「順調です。4月の試合と比べても距離感が良くなっているし、自分の方向性が明確に分かっている。自分のスタイルを貫く展開になるのではないか」と、やはり五十嵐の仕上がりに自信を見せた。

 五十嵐本人は「いつも通りの体調ですし、いい練習も出来ているので自信はある。木村選手はとにかく手数で前へ出てくると思うので、自分がどうさばいて打ち返すか。臨機応変に戦いきることが勝つことの近道だと思う。相手はメンタルも強くて打たれても前へ出てくるので、パンチを当てても反撃があるので油断しないようにしたい。メンタルには自分も自信があるので、そこが見どころ。どっちが集中力を最後まで切らさずにいられるか。気持ちがぶつかるところを見て欲しい」と、気持ちの勝負が見どころだと語る。

 この4年半でトレーニング方法も変えた。4年半前は14kg以上の減量で、試合数日前から動けないような状態だったという。しかし「ウエイトトレーニングでパワーを付けることをやめて、パフォーマーという音楽に合わせてフットワークをする運動をジムの会員さんとやっていたら体重が絞れました」と、減量苦から解放されたという。

 また、ジムの先輩である元WBC世界バンタム級王者・山中慎介(この試合でテレビ解説を務める)について、「自分は2度目の防衛戦で敗れましたが、山中さんは防衛を重ねていて置いて行かれたような感覚がありました。この4年半、ちゃんと自分がやってきたところを山中さんに見てもらいたい」と、山中への想いも語った。


【大会・チケット情報】 12・31 ワタナベジム「TBS KYOKUGEN 大晦日ボクシングトリプル世界戦」

●編集部オススメ

・王者・木村翔が元王者・五十嵐俊幸と大晦日に対戦。勝者は因縁のゾウと対決も

・フライ級王者木村翔「後半にKO」=31日の初防衛戦へ公開練習

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース