TOP > ニュース

【RIZIN】五味隆典「厳しい試合になる」との覚悟

2017/12/28(木)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

ついにRIZIN初参戦を果たす五味。かつてのような強さを取り戻すことが出来るか

 12月31日(日)さいたまスーパーアリーナで開催される『RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2017 Final ROUND』に出場する選手たちの個別インタビューが、28日(木)都内で行われた。

 第7試合で矢地祐介(KRAZY BEE)と対戦する五味隆典(東林間ラスカルジム)は、UFCとの契約を終えて今回が初参戦。日本の大みそかイベントには実に11年ぶりの出場となる。

 仕上がり具合を聞かれると「もう体重も落ちていてお腹がすいています。あと500グラムオーバーくらいなので」と減量も順調そうな様子。UFCでは70.3kgで戦っていたが、今回は72.0kg契約。PRIDE時代、無敵の10連勝を飾った73.0kgに近い体重となる。

「ラクというかもう70kgはきついんですよね。力が出ないです。その分、相手もラクな部分はあるでしょうが、少しでも力の出る契約体重にしました」

 今回の出場オファーを受けた理由は「オファーをいただいたからね。そういう運命かなって。やってみないと分からないですね。望まれているからオファーをいただけたんでしょうし、お客さんも期待している頑張ります」と期待に応えたいと話した。

 オクタゴン(金網で囲まれた八角形のリング)ではなくロープに囲まれた四角形のリングでの試合は約8年ぶり。そのことを聞かれると「リングというよりもUFCのルールと少し違うのでそっちの方がどうなるか。(RIZINならではの)踏み付け、サッカーボールキックも出せればどんどん出していきたい」と、PRIDE時代を思い出して繰り出していきたいという。

 ポイントはズバリ「打撃」と五味。「出来ることをやってきました。9月のUFC JAPANが終わって数カ月で爆発的に強くなることはないので、怪我をしないように注意して。年間3試合やるのはこの数年なかったので、なんでこんな年寄りに無茶させるのか」と笑った。

 矢地の印象については「荒削りだけど、どんどん前に出て来ることもあるし、カウンターもとることがあるし、つかみどころがない」と評し、「それに対して上手く経験でやろうと思います」と今までの経験を生かして対応するつもり。

 五味と言えば“スカ勝ち”だが、今回も狙うのかとの質問には「そんな簡単にはいかない。厳しい試合になると思います。やれることをやりますよ」と、厳しい戦いになることを覚悟していると語った。


【大会・チケット情報】 12・31 RIZIN FF事務局「RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2017 男子バンタム級トーナメント&女子トーナメント2nd ROUND/Final ROUND-」

●編集部オススメ

・五味隆典vs矢地祐介決定、那須川天心参戦のキックトーナメント開催

・五味隆典と対戦決定の矢地祐介「俺がエースだということをわからせる」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース