TOP > ニュース

【K-1】大和哲也、4年ぶり野杁正明との再戦は“運命の一戦”

2018/01/09(火)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

3連続KO勝ちと勢いに乗って野杁のタイトルに挑む大和

 3月21日(日)さいたまスーパーアリーナ・メインアリーナにて開催の『K-1 WORLD GP 2018 JAPAN~K’FESTA.1~』に出場する、元WBCムエタイ世界スーパー・ライト級王者・大和哲也(大和ジム)のコメントが主催者を通じて届いた。大和はK-1 WORLD GPスーパー・ライト級王者・野杁正明(K-1ジムEBISU小比類巻道場)のタイトルに挑戦する。

「いよいよ決まったなという気持ちが強いのと、野杁正明という選手は自分の中でも凄く思い入れがある選手です。昔、ムエタイルールで試合もしていますし、その試合をする前から、一緒に練習したりすることもありました。そういう意味では、またこのK-1のリングで、今、彼が保持するタイトルに挑戦するという形は運命的な流れを感じますし、自分の中の気持ちとしてもいつもと違う雰囲気ですね。タイトルマッチというのもあると思うし、野杁正明と試合をするというのは、自分の中でまた違った感情があります」と、野杁は特別な相手だと話す。

2014年2月、NJKFのリングでの初対戦は大和がヒジ打ちでダウンを奪い勝利

 野杁と初めて会ったのは「まだ正明が中学生とかじゃないですかね。名古屋のアマチュア大会で見て、中学生なのに凄い選手がいるなという風に思いました」と言い、「それで一度、正明たちが出稽古でうちのジムに来たんですよ。彼がK-1甲子園で優勝した後くらいなんですけど、今でも覚えているのが、練習なのに正明と向き合った時にぞっとして、背中に寒気を感じるような気がしたんです。僕は試合になると、大体相手と向き合ったらその選手の強さが分かるんですけど、あんな寒気がしたのは正明だけですね」とのエピソードを明かす。

 2014年にWBCムエタイ・インターナショナル・スーパーライト級タイトルマッチで、大和が王者、野杁が挑戦者と今回とは逆の立場で対戦した時のことは「お互いの気持ちが凄くぶつかり合った試合というか、内容としてもベストバウト的な熱い試合だったと思います。最終的に自分が勝って良かったなと思いますけど、あれは僕がずっと慣れ親しんできたルールだったからで、それにしっかり順応してくる野杁正明の凄さも感じましたし、試合を終わってみても強いなという感想もありました」と振り返る。

「それから僕はムエタイルール、正明がK-1ルールで試合を続けて、もしかしたら二度と対戦する機会はないかもしれないと思いました。それがまたこうして接点が出来て、僕が正明の持つK-1のベルトに挑むというのは戦うべくして戦うことになった試合なんじゃないかなと思いますね」と“運命の一戦”だと捉えているようだ。

 そして「初めて正明と試合をしてから4年になるんですが、お互いにさらに強くなって、またここで交わり合うわけなので、恨みっこなしで倒し合って、間違いなく凄い試合になるだろうなと思います。僕と正明にしか出来ない試合をして、ファンの方たちにも他の試合とは違う熱いものを感じてもらえると思います。本当にいろいろな想いはありますが、僕はK-1のベルトを目標にしているので、しっかり正明に勝ってK-1のベルトを巻きたいと思います」と意気込みを語った。

●編集部オススメ

・野杁正明vs大和哲也、約4年ぶりの再戦決定

・ヒジの斬り合いで大和が野杁からダウンを奪い初防衛(試合動画あり)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース