TOP > ニュース

【K-1】城戸康裕、27勝25KOの相手に「勘弁して」

2018/02/05(月)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

次の対戦相手イッサム(右のパネルの人物)の戦績を聞いた城戸は「勘弁して!」

 3月21日(水・祝)さいたまスーパーアリーナ・メインアリーナにて開催される『K-1 WORLD GP 2018 JAPAN~K’FESTA.1~』のカード発表会見が2月4日(日)都内で行われた。

 すでに7試合が発表となった同大会のスーパーファイト(ワンマッチ)だが、8試合目にして最後のスーパーファイトとなるのがこの日発表された第2代Krush -70kg王者・城戸康裕(35=谷山ジム)vsイッサム・チャディッド(スペイン)の一戦。

パネルを裏返しにしてボケる城戸

 今回が初来日となるイッサムは、1995年2月生まれの22歳(試合時は23歳)。181㎝の城戸をしのぐ185㎝の長身で、戦績は28戦27勝(25KO)1敗。非常に高い勝率とKO率を誇り、これまで3つのタイトルを獲得している。

 自らイッサムの等身大パネルを持って登場した城戸は「戦績をいま聞いたんですけど、ヤバくないですか!? 噛ませ犬じゃないんですか? ちょっと勘弁してほしいなっていう感じです」と開始から及び腰。

 イッサムからは「城戸がスペインで試合をした時、15歳の俺は花道の近くで城戸のグローブとタッチしたことがある。俺にとって城戸は憧れの存在だ」というメッセージが届いたが、城戸はこれに「あの時の!」とさも覚えているかのように反応したり、「俺じゃないんじゃないですか」とトボけたり、いつもながらの“城戸劇場”を展開。会見場を笑いで包んだ。

 また、試合に関しては強気な発言が聞かれなかった城戸だが、「今回は会場が大きいということで、万人に受ける煽り映像を作りたい。魔裟斗さんしかり、子ども、おばあちゃんしかり、幅広く受ける感じで狙っていきたい」と今回も試合同様に力を入れる、試合前の煽り映像製作への熱意を口にした。

 そして「昨今K-1も揉めておりますが僕はK-1オンリーです。K-1に忠誠を誓っております。K-1を救うのは城戸しかいない、城戸はK-1の犬です(笑)」と話して再び会場に笑いを呼び、会見を締めくくった。

【大会・チケット情報】 3・21 K-1実行委員会「K-1 WORLD GP 2018 JAPAN ~K'FESTA.1~」

●編集部オススメ

・前日会見は城戸康裕の独壇場、ラウンドガールに…

・木村が城戸からダウン奪って快勝、久保に再戦要求

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース