TOP > ニュース

【武林風】-60kgトーナメントで朝久裕貴が優勝、初の戴冠

2018/03/10(土)UP

自身初のベルト奪取に喜びを爆発させる朝久裕貴

 3月10日(土・現地時間)中国・河南省温県の中華太極国際交流センターで『WLF2018武林風世界拳王争覇戦in温県』が開催された。その中の「武林風WLF-60kg級王座決定トーナメント」で、Krushを中心に活躍する朝久裕貴(朝久道場)が優勝を飾った。

 朝久は昨年も各国から強豪16選手が参加した「2017 WLF武林風 -60kgトーナメント」にエントリー。決勝進出を果たしたが、K-1でも活躍するハビエル・エルナンデス(スペイン)と激戦の末に判定で敗れた。

 トーナメントは8人制のワンデートーナメント。一回戦はすべて中国人選手と外国人選手との対戦となった。
 朝久は一回戦でチェン・ウェンドゥー(中国)を1RでKO。準決勝ではDjany Fiorenti(フランス)に判定勝ちして決勝へ進出。
 朝久が去年敗北したエルナンデスは反対ブロックにいたが、1回戦でタイ人選手を1RでKOしたチャオ・チョンヤン(中国)に準決勝で1RKO負けした。

弟の泰央(左)も揃って勝利した

 決勝はその強打者のチャオと朝久が激突。本戦では決着がつかず延長にもつれ込んだが、延長戦の開始21秒後に朝久の飛びヒザ蹴りが決まり、KO勝ちでの優勝となった。朝久はこの勝利で自身初の王座戴冠となった。

 また弟の泰央(朝久道場)もリザーブファイトに出場、シュエ・シェンジェン(中国)と対戦し判定勝利を収めている。
 

●編集部オススメ

・KANA、女子ボクシング五階級制覇王者・藤岡奈穂子直伝“鉄の拳”でKO宣言

・ゲーオがダウン奪い敵地中国で勝利、久保は判定負け

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」、「」をもっと見る



TOP > ニュース