TOP > ニュース

【RISE】那須川天心が新設される世界王座決定戦、妹もプロデビュー=6・17幕張メッセ

2018/03/16(金)UP

那須川天心(左)とプロデビューする妹の梨々(右)

 3月16日(金)都内にてRISEの記者会見が行われ、6月17日(日)千葉・幕張メッセにて『RISE 125』の開催を発表した。2003年2月にキャパ500名の会場で旗揚げされたRISEが、16年目にして過去最大となる8,000人規模の大会場でビッグマッチを開催する。
 
 出場が決定したのは第6代RISEバンタム級&ISKAオリエンタルルール世界バンタム級王者・那須川天心(19=TARGET/Cygames)。そして、その妹である那須川梨々(15=TEAM TEPPEN)がいよいよプロデビュー戦を迎える。
 

2月のKNOCK OUTでは最強の相手スアキムをダウン寸前に追い込んだ那須川

 天心は、今大会で新設されるRISE世界バンタム級王座決定戦を行うことが決定。その対戦相手は、グローリー、クンルンファイトなどの海外有力団体、また世界王座認定団体であるISKAなどに対戦相手を打診しており、「現在のところ5名まで絞られている」(伊藤隆RISE代表)とのこと。
 
 世界タイトルの新設を伊藤代表に直訴し、それが実現した形となった天心は「世界ベルトを作ってくれることになって気合いが入っています。5月のRIZINで試合が決まっていますが、しっかり倒して6月はメインをやらせていただきたいと思います」と意気込む。
 
 また、妹の梨々からは「どんな相手でも兄よりインパクトを残すKOで勝ちたいと思っています」とのKO宣言が飛び出した。

●編集部オススメ

・那須川天心、最強の敵にスピードで勝利「マジ強かった」

・那須川天心、挑戦者決定トーナメント開催

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース