TOP > ニュース

【ボクシング】山中竜也、今後は京口紘人との統一戦も視野

2018/03/19(月)UP

試合後の記者会見で今回の試合を振り返り、今後についても語った

 318日(日)兵庫・神戸ポートピアホテルにてプロボクシングWBO世界ミニマム級タイトルマッチで、王者・山中竜也(22=真正)が挑戦者で同級4位のモイセス・カジェロス(28=メキシコ)を8回終了時TKOで破り初防衛に成功。内容は相手にほぼ触れさせず、多彩な攻撃でワンサイドゲームに見えた。

 リング上の勝利者インタビューでは「ホッとしたが、納得いく内容でもない」とコメントしたが、控え室に戻り、その後のインタビューでさらに詳しく語った。

山中の強烈な右アッパーでカジェロスの顔が反転する

「長谷川(穂積)さんならもっと早く決めていた。有効だったアッパーは練習どおりだ。早い段階(2R)で右アッパーで鼻血が出て、相手がそれを嫌がってくれたのでやりやすかった」としながらも、反省点としては「そこからのコンビネーションにつなげられなかった点。もっと前半にボディに打ち込みたかったのもある。もっと打たせずに打つ理想的なボクシングをやりたい。差のある勝ち方ではなかった」とあれだけ差があるように見えたが本人の目指すボクシングはまだまだ上にあるようだ。

IBF世界ミニマム級王者・京口紘人との統一戦も視野に入れる

 今後については「とりあえず勝ち続けることが今後も課題。同じ階級の日本人世界王者(IBF王者・京口紘人=24=ワタナベ)とはお互いにもっと強いことが認められてから統一戦を。向こうも記事でそう言っているのを見た」とプロとして周りに強さが認められた上で、と前置きしながらも、京口との統一戦を視野に入れる。京口や京口が所属する渡辺会長は今年中に統一戦を希望している。

●編集部オススメ

・山中竜也が触れさせずTKOで圧勝の初防衛。カジェロス「ギブアップしました」

・京口が国内最速で世界王座に、9Rにはダウン奪う

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース