TOP > ニュース

【シュートボクシング】宍戸大樹が電撃復帰の理由を明かす「情熱がまだ残っていた」

2018/03/30(金)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

約2年ぶりの現役復帰を果たす理由を明かした宍戸

 4月1日(日)東京・後楽園ホールにて開催される『SHOOT BOXING 2018 act.2』で、約2年ぶりに現役復帰する元シュートボクシング(以下SB)東洋太平洋ウェルター級王者・宍戸大樹(40=シーザージム)のコメントが主催者から届いた。

 宍戸は長期にわたって70kgトップ戦線で活躍し、アンディ・サワー、ブアカーオ・ポー.プラムックといった世界の強豪と激戦を繰り広げてきた。2016年4月にタイのジャオウェハー・シーリーラックジムを相手に引退試合を行い、ヒジによる攻撃を何度ももらってTKO負け。18年間の格闘技人生にピリオドを打ったが、今回電撃復帰を果たすことに。その理由を語った。

「一言では言い表せないのですが、引退してからプライベートでもいろいろな環境、状況の変化があり、そんな中で自分らしくない生活をする日々が続きました。もちろんセコンドに付いて選手のサポートをしている仕事も凄くやりがい、充実を感じていましたし、自分が今までやってきたことを後に続く人間に伝えて、もっと協会が良くなればいいなという気持ちがありましたが、段々と物足りなさを感じてきました。

得意のバックハンドブローで多くの強敵をマットに沈めてきた(写真は2012年11月のジェシアス・カバウカンチ戦)

 自分らしさとは何か?と考えたときに、何か一つに打ち込んでいる姿、試合に向けて無我夢中にやっているときが自分らしかったかなと。自分はSBをやっていることがしっくりきました。終わったと思っていた格闘技に対する情熱が実はまだ残っていて時間と共に 大きくなっていきました。もう一回やれないかなと考え始めるようになって、また少しずつ自分なりに動き始めたら、身体はしんどいですけど気持ちが充実するようになりました。

 皆さんが共通して言われることは、身体は大丈夫なの?と。どの競技でもそうですが、40歳を過ぎて活躍されている方はなかなかいません。ただ自分がやりたくなった年齢が41歳だったというだけの話です。選手層も充実している中でなぜ無理に復帰するの?とも言われたのですが、協会のため、競技のためということではなく、自分自身のわがままのために、人生でぽっかり空いてしまった部分を埋めるために、何かに打ち込みたい。それがSBだったんです。

ブアカーオ(左)とは2度対戦している

 僕の引退試合の時に送ってくれた皆様には申し訳なく思っています。お帰りと言ってくれる方ばかりではないので、そこは、自分がこれから頑張っている姿を見て頂くことでしか弁明できないと思います。そういういろいろな人の想いを全部飲み込んで、噛みしめていきます。自分としては筋道として新人のつもりでもう一度やり直させてもらえるなら、若手たちが頑張っている浅草花やしきでのヤングシーザー杯でやり直したい気持ちもありました」

 復帰しようと思ったのは年明けくらいからで、「身体との兼ね合いを考えながら、体調と精神のピークを4月1日に持っていきたいと思います」と宍戸。今後については「全く考えていません。ひょっとしたら今回で終わるかもしれませんし、現実は甘くないことを思い知らされるかもしれません。新しいことを発見して、試合でもいい勝ち方ができてまた欲が出ると、その先のことを考え始めるかもしれません。ここから出来る限り頑張ろうと思います」と、まずは復帰戦を行ってから考えたいとした。

●編集部オススメ

・宍戸大樹復帰戦の相手は香港MMAファイター

・宍戸大樹、引退試合で壮絶に散る

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース