TOP > ニュース

【DEEP】HIROYA率いるTRY HARD GYMが再始動、堀尾竜司が電撃参戦

2018/04/04(水)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

元Krush王者・堀尾(左)がDEEPに電撃参戦、結城(右)とケージで再戦する

 4月28日(土)東京・後楽園ホールで開催される『DEEP 83 IMPACT』の追加対戦カードが発表された。

 HIROYA率いるTRY HARD GYMの堀尾竜司が初参戦し、結城将人(TEAM TEPPEN)とキックボクシングルールで対戦する。試合場は4本ロープで囲まれたリングではなく、DEEPで使用しているケージ(金網で囲まれたリング)。

堀尾得意のハイキック

 TRY HARD GYMは2月3日に契約トラブルがあったとしてK-1からの出場取り消しが発表され、3月16日にはHIROYAが会見を行ってフリー宣言。すでに同ジム所属の松倉信太郎が中国の『Kunlun Fight』に出場しているが、国内での行動再開は初となる。

 堀尾は2012年2月にプロデビューし、Krushを主戦場にして活躍。2015年8月には第4代Krush -55kg王座決定トーナメントを制して王者となった。ハイキック、飛びヒザ蹴りを得意とする。

1Rから攻めまくるアグレッシブファイターの結城

 対する結城はパンチで1Rから攻めていくアグレッシブなファイトスタイルを持つ。今年3月、那須川天心の父が会長を務めるTEPPEN GYMに移籍するとともに主戦場をKrushからRISEに変え、その移籍第一戦ではRISEバンタム級13位・佐藤九里虎を攻めまくって圧倒し、勝利を収めている。

 両者は2014年11月にKrushで対戦しており、この時はダウンの奪い合いの末に判定2-0で堀尾が勝利を収めている。ケージの中でのキックボクシングという形での再戦となった。

 なお、堀尾の出場に関してDEEP事務局はリリースの中で「今回TRY HARD GYM所属の堀尾竜司選手が出場する事につきましてはTRY HARD GYMのHIROYA代表代行と同顧問弁護士である中野法律事務所の中野辰久弁護士から他イベントと契約して出場することに問題はありませんと確認をいただきました」としている。

<決定対戦カード>

▼DEEP KICKルール 55kg以下 3分3R
堀尾竜司(TRY HARD)
vs
結城将人(TEAM TEPPEN)

●編集部オススメ

・HIROYAがK-1出場取り消しについて会見、今後はRISEなどに参戦

・【K-1】メインの武尊vs大雅戦が消滅、大雅は王座剥奪に

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース