TOP > ニュース

【RIZIN】最軽量KINGレイナが飛び技、回転技を予告「10歳も年上なので私よりも弱い」

2018/06/20(水)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

ベテランのヤング(写真パネルの人物)を迎え撃つKINGレイナ

 8月12日(日)愛知・ドルフィンズアリーナ(愛知県体育館)で開催される『RIZIN.12』の記者会見が、6月20日(水)都内にて行われた。

 参戦が決まっていたKINGレイナ(21=FIGHT CLUB 428)の対戦相手が、ケイトリン・ヤング(32=アメリカ)に決定。

 KINGレイナは2016年11月にプロデビューすると、2戦目にして元UFCファイターのシェイナ・ベイズラーに勝利。2017年4月にはRIZIN初参戦も果たし、破竹の7連勝を収めた。しかし、2017年12月にRIZINでシンディ・ダンドーワに8戦目で初黒星を喫し、階級変更を決意すると約10kgの減量を敢行。

チョークスリーパーでフェザー級転向第一戦を勝利で飾ったKINGレイナ

 今年3月の『DEEP JEWELS』で初の女子フェザー級(65.80kg)で試合を行い、パク・ソヨンに圧勝した。今回は65.0kgのKINGレイナ史上最軽量での試合を行う。

 対するヤングはテコンドーとムエタイを学び、22歳でプロMMA(総合格闘技)デビュー。アメリカのMMAイベント『HOOKnSHOOT』のトーナメントでは3試合連続KOで優勝した。北米女子総合格闘技のパイオニアの一人としてジーナ・カラーノやジュリー・ケッシーといった世界的に有名な強豪ともしのぎを削り、世界最大の女子MMAイベント『Invicta FC』に参戦。MMA戦績は7勝9敗1分。2014年以降はムエタイの試合に専念し、9勝1敗の戦績を残す。

 会見に出席したKINGレイナは「名古屋の前に7月のシュートボクシング参戦が決まっているので、前回6月、7月、8月、それと9月も連戦なのでこの後も全て一本勝ちで行きたい」と、毎月試合を行って全てフィニッシュして勝ちたいと宣言。

 対戦相手については「よく分からない。そんなにチェックはしていません」と言い、「打撃が得意ということなので、シュートボクシングルールの試合へ向けてキックボクシングの練習をしているので、私は昔と比べて打撃も変わってきています。飛び技系、回転系の技も練習しているので、MMAでも活用してみんなに披露して会場を盛り上げたいです。寝技でも打撃でも圧倒します。10歳も年上なので私よりも弱いかなと思っています。大したことないかなと思っているので、いつも通りボコボコにしてやります」と、太々しく答えた。

●編集部オススメ

・新生KINGレイナが一本勝ち、その場でRIZIN名古屋参戦が決まる

・KINGレイナがスリム化、最軽量で計量クリアー

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース