TOP > ニュース 一覧

【ARZALET】謎のキルギス3人衆が来襲、現ウェルター級王者ソウザが迎え撃つ

2018/06/26(火)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

ソウザ(左)vsウウル(右)

 7月7日(土・現地時間)韓国・ソウルのCLUB OCTAGONで開催される『ARZALET.3』の追加対戦カードが発表された。

 まだ未知の実力を秘めた領域といえるキルギスのMMA(総合格闘技)団体『WEF』から、3選手が参戦する。
 
 1人目はヌルスルタン・イリスバイ・ウウル(キルギス)。打撃、寝技ともにポテンシャルの高いMMAファイターで、戦績は8勝1分の無敗。まさに未知の強豪といえそう。

現WEFライト級王者トクトグロフ・イリンベック

 このウウルを迎え撃つのは、REALウェルター級王者マルコス・ソウザ(33=ブラジル)に決定。ソウザは2013年ワールド柔術-83kg級優勝など柔術で数々の実績を持ち、2012年12月にプロMMAデビュー。そのデビュー戦となったトーナメントで優勝し、REAL初代ウェルター級王座に認定され、これまで3度の防衛に成功。3度の防衛戦はいずれも関節技、絞め技による一本勝ちだ。今年4月には桜庭和志プロデュースのプログラップリング大会『QUINTET』の旗揚げ戦に桜庭チームとして出場し、一番の活躍を見せた。ARZALETには昨年2月以来の参戦となる。
 
 MMA&柔術世界王者ソウザvs無敗のキルギス人という予測不能なカードが実現した。

無敗の強豪バキトベック

 2人目は現WEFライト級王者トクトグロフ・イリンベック(キルギス)。イリンベックは巧みなサブミッションを武器に同王座を2年間守り続けているという。対戦するのは、地元・韓国のイ・ギョン・ソップだ。ソップは打撃を武器とし、キックボクシングでの戦績は19勝を誇るストライカー(打撃主体の選手)。
 
 イリンベックがWEF王者として実力を見せるか。それともソップが地元で勝利を飾るか。
 
 3人目はバキトベック・デュションバイ・ウウル(キルギス)。打たれ強く粘り強いファイトスタイルで5勝無敗のパーフェクトレコードを持つ。対戦相手は、同じ大会に出場するクレバー・ルシアーノからの刺客リカルド・ディアス(ブラジル)となった。
 
 他に韓国人選手同士のカードが4カード決定。これでオープニングマッチを含めた全11カードが出揃い、試合順も決定した。
 
<全対戦カード>

▼第9試合 メインイベント 81kg以下契約 5分2R
マルコス・ソウザ(33=ブラジル)
vs
ヌルスルタン・イリスバイ・ウウル(キルギス)

▼第8試合 セミファイナル ライト級 5分2R
トクトグロフ・イリンベック(キルギス/WEFライト級王者)
vs
イ・ギョン・ソップ(韓国)

▼第7試合 フェザー級 5分2R
クレバー・ルシアーノ(ブラジル)
vs
ケビン・パク(韓国)

▼第6試合 バンタム級 5分2R
大石真丈(49=日本/第2代修斗世界フェザー級王者)
vs
ベ・ジョン・ムン(韓国)

▼第5試合 ウェルター級 5分2R
エリック・マイケル・フォート(アメリカ)
vs
ジョン・ジェイル(韓国)

▼第4試合 バンタム級 5分2R
アーニー・ブラカ(フィリピン)
vs
キム・ウ・ジェ(韓国)

▼第3試合 バンタム級 5分2R
バキトベック・デュションバイ・ウウル(キルギス)
vs
リカルド・ディアス(ブラジル)

▼第2試合 フェザー級 5分2R
ハン・ド・ユン(韓国)
vs
ミン・ギョン・チョル(韓国)

▼第1試合 ヘビー級 5分2R
キム・ミョン・ファン(韓国)
vs
リュウ・ギ・フン(韓国)

▼オープニングマッチ第2試合 フライ級 5分1R
ホン・スン・ヒョク(韓国)
vs
ジュ・ヒョク・タック(韓国)

▼オープニングマッチ第1試合 ライト級 5分1R
シン・ユ・ソップ(韓国)
vs
パク・フ・サン(韓国)

●編集部オススメ

・49歳の鉄人・大石真丈が元キックボクサーと激突

・MMA&柔術世界王者マルコス・ソウザ、49歳の鉄人・大石真丈が韓国大会に参戦

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース 一覧