TOP > ニュース

【K-1】武尊、リョート・マチダのジムで空手に原点回帰

2018/06/26(火)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

アメリカ修行を経てさらなる強さを手に入れた武尊

 9月24日(月・祝)さいたまスーパーアリーナ・コミュニティアリーナで開催される『K-1 WORLD GP 2018 JAPAN』の記者会見が、6月26日(火)都内にて行われた。

 対戦カード第一弾として発表されたのは、第4代K-1 WORLD GPスーパー・フェザー級王者・武尊(26=K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)vsルカ・グルソビン(イタリア)の一戦。武尊にとってはK-1史上初の三階級制覇を達成してから初めての試合になる。

 武尊は昨年12月、三階級制覇のために渡米して、MMA(総合格闘技)のジムでトレーニングを積んだが、今回も6月上旬に渡米して約2週間トレーニングを行った。

ルカ・グルソビン(手前のパネルの人物)との対戦が決定

「日本にいて試合に向けて練習する時は試合用の練習と身体作りしかしないんですが、今回は試合期間が空いたので新しい技術を僕の中に入れる時間が出来たので、前回よりも新しいエッセンスを入れられたと思います。その取り入れたものを自分の身体で使えるようにしながら追い込みをやっているので、その成果を次の試合で見せられたら、今までにない技でKOしたり、迫力ある試合が見せられたりすると思うので楽しみにしていてください」と、かなりの収穫があったようだ。

 具体的にどのような技術なのかと聞くと、武尊は次のように答えた。

「前回アメリカに行った時はラドウィック(元K-1&UFCファイター)のジムで独特なステップだったり、コンビネーションだったりをやりましたが、それプラス違う場所に行きました。ロサンゼルスでT.Jディラショー(現UFCバンタム級王者)が練習しているジムでUFCランカーや他の競技の選手と練習が出来たので、前回以上に新しいものをいろいろと見ることが出来ました。

 また、リョート・マチダ(元UFCライトヘビー級王者)さんのジムにも行かせてもらって、今までキックボクシング、空手、ムエタイ、ボクシングをやってきて立ち技の動きはある程度知り尽くしたと思っていたんですが、そのジムでは根本的に違って、体重のかける場所や攻撃を打つ場所やタイミングとか、真逆のものが見れたので収穫がありました。僕が最初に学んだ格闘技は空手だったのですが、そこでやってきたことの大事さを思いだしたし、次は新しいものにプラスして空手に対する原点回帰を見せられると思っています」と、新しいスタイルのキーワードは“空手”だと語った。

●編集部オススメ

・武尊の相手はアマボクシング出身のパンチャー「思い切りバチバチの打ち合いしたい」

・武尊が小宮山工介をKOして三階級制覇「僕と戦いたければK-1に上がって来い」(動画あり)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース