TOP > ニュース

【K-1】武居由樹、ムエタイ強豪との対戦前に前哨戦「さらに強くなった武居を見せられる」

2018/06/26(火)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

ハミディ(写真パネルの人物)との対戦が決まった武居

 9月24日(月・祝)さいたまスーパーアリーナ・コミュニティアリーナで開催される『K-1 WORLD GP 2018 JAPAN』の記者会見が、6月26日(火)都内にて行われた。

 K-1 WORLD GPスーパー・バンタム級王者・武居由樹(21=POWER OF DREAM)の対戦相手が、アクラム・ハミディ(19=フランス)に決定。武居よりも年下だが24勝(13KO)2敗1分の戦績を持ち(武居は15勝11KO2敗)、WMF(世界ムエタイ連盟)欧州スーパー・バンタム級王者。フランスだけでなくタイでも試合を行っており、ムエタイの強豪選手からも勝利を奪っているという。

 宮田充K-1プロデューサーは「いろいろな候補がいる中で、ヒジ、首相撲なしのルールでも武居選手と渡り合えることが出来るんじゃないか、というのが決め手となった。バチバチの試合が1Rから見られるのではないか」と対戦相手決定の理由について説明。

 ハミディからは「俺はどんな相手・ルールにも適応できるコンプリートファイターで、アグレッシブなファイトが好きだ。武居は強い選手だが、俺もヨーロッパでは最も完成度の高い選手の一人だ。K-1ファンが忘れられない最高の試合になるだろう」とのコメントが読み上げられた。

 武居は「3月に試合をしてからずっと試合をしたくてウズウズしていました。ヨーロッパの強い選手と決まって嬉しいです。写真だけ見たら年下と思えなくてまずビックリしました。映像を見たら、とにかくガンガン前へ出て来る選手です。スタミナも気持ちも強くて怖い選手だと感じました」とハミディの印象を語る。

 加えて「ムエタイの選手なので楽しみです」という。その理由は「以前からタイ人とやってみたいと言っていたのですが、とりあえずハミディはムエタイの選手なので、ここで勝ってムエタイ慣れして、めちゃめちゃ強いタイ人と次にやりたいです。軽量級はタイ人がめちゃめちゃ強いイメージがあるので、やってみたいと思っています」と、タイ人のムエタイ強豪と戦うための前哨戦にしたいと話した。

「今まで試合のスパンを短くやっていたんですが、今回は半年くらい空いたのでガンガン練習をやっています。さらに強くなった武居を見せられると思うので楽しみです」と、練習の成果を見せたいと語った。

●編集部オススメ

・初防衛した武居由樹「ライバルが欲しい」

・武居由樹が圧倒的な強さ、久保賢司を87秒でKO

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース