TOP > ニュース

【ONE】DEEPフライ級王者・和田竜光、デビュー戦の相手はタイトルマッチ経験者に

2018/06/29(金)UP

ONE初参戦の和田竜光(左)は、タイトルマッチ経験者の強豪マクラーレン(右)に決定

 アジア最大規模を誇る総合格闘技団体『ONE Championship』(通称ONE)と新たに契約を結んだDEEPフライ級王者・和田竜光(29=フリー)と上久保周哉(25=TRY.H studio)のデビュー戦が決定した。

 舞台は7月7日(土・現地時間)中国・広東省広州市の広州体育館で開催される『ONE:BATTLE FOR THE HEAVENS』。和田はリース・マクラーレン(26=オーストラリア)、上久保はスノト(33=インドネシア)とそれぞれ対戦する。

寝技を得意とするマクラーレン(上)。今年3月の試合で肩固めで一本勝ちしている

 和田は2013年8月に元谷友貴、2016年6月に柴田MONKY有哉を破り、DEEPフライ級王座を2度獲得。国内フライ級最強との呼び声も高い。柔道出身ながら打撃を得意としており、特に相手のふくらはぎを蹴る独特なローキックは破壊力抜群だ。戦績は19勝8敗2分1無効試合。

 対するマクラーレンは地元オーストラリアの大会で試合を重ね、2015年12月からONEに参戦。2016年12月にはビビアーノ・フェルナンデスが保持するONEバンタム級王座に挑戦し、敗れはしたものの判定2-1の接戦を演じた実力の持ち主だ。戦績は11勝5敗。

DEEPの2014年度「フューチャーキングトーナメント」で優勝した上久保周哉(前列中央)

 一方、上久保は柔道と柔術をベースに持ち、2012年9月にMMA(総合格闘技)でプロデビュー。組み技の強さに定評があり、DEEPの新人王決定戦戦にあたる「フューチャーキングトーナメント」(2014年度)で優勝した経験を持つ。戦績は7勝1敗1分。

 対戦相手のスノトは2013年9月にMMAプロデビュー。2015年4月のプロ3戦目からONEを主戦場に活躍している。戦績は9勝3敗。

 ともに連勝中の和田と上久保だが、初参戦となるアジアのビッグマッチで強豪相手に勝利を飾ることができるか。

<決定対戦カード>

▼フライ級 5分3R
和田竜光(フリー/DEEPフライ級王者)
vs
リース・マクラーレン(オーストラリア)

▼バンタム級 5分3R
上久保周哉(TRY.H studio)
vs
スノト(インドネシア)

●編集部オススメ

・【ONE】DEEPフライ級王者・和田竜光、パンクラス・ランカー松嶋こよみら4名が契約

・【DEEP】和田竜光、挑戦者・高橋誠と那須川天心にムカつく

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース