TOP > ニュース

【シュートボクシング】RENAのライバル・イリアーナ「必ず勝ち上がってMIOと戦いRENAと再戦したい」

2018/07/05(木)UP

RENAと二度の好勝負を演じたイリアーナが参戦

 7月6日(金)東京・TDCホールで開催されるシュートボクシング(以下SB)協会主催、女子格闘技の真夏の祭典『SHOOTBOXING Girls S-cup~48kg世界トーナメント2018~』。

 8人の女子選手で争われるワンデートーナメント1回戦で小林愛三(22=こばやし・まなぞう/NEXTLEVEL渋谷ジム)と対戦する、イリアーナ・ヴァレンティーノ(30=イタリア)のコメントが主催者を通じて届いた。

 イリアーナは2015年の大みそかに開催された『RIZIN』に初来日。MMA(総合格闘技)デビュー戦のRENAと対戦し、RENAが飛び付き腕十字で勝利した。両者は2017年7月、Girls S-cupで今度はSBルールで再戦し、RENAが一本背負いでシュートポイントを奪うなどして返り討ち。しかし、RENAが試合後に「イリアーナ選手は本当に強いです、MMAでストレートをもらってヤベえなと思って、今回警戒し過ぎた部分がありました。イリアーナ、またやりましょう」と言うほどRENAに認めさせた『RENAの好敵手』だ。

RENA(左)によく伸びる左ストレートを見舞うイリアーナ(右)

 1回戦の相手、小林は女子キックボクシングのニューヒロインとして注目されており、2015年12月のデビュー以来、9勝(3KO)4分と無敗。2016年12月にはわずか6戦目でMuayThaiOpenフライ級王座をKO勝ちで獲得した。

 イリアーナは小林の印象を「初戦で対戦するMANAZO、あなたの映像を見たわ。日本トップクラスの強敵だと認める。でも、ワタシは必ずあなたを倒して決勝の舞台でMIOと戦うの」と、小林の実力を認めながらも勝ち上がるのは自分だとした。

 反対ブロックから決勝戦に勝ち上がってくるのはSB日本女子ミニマム級王者・MIOだと名を上げ「MIOはワタシを二度も破ったRENAの妹の様な存在。実はSNSのフォロワーになっていて、あなたの事は良く知ってるの。エネルギッシュで、見ているだけで元気をもらえる。そんなあなたと戦えるチャンスがあると思うとワクワクするわ」と、RENAの妹分的存在であるMIOには好印象を持ち、ぜひ戦いたいという。

1回戦の相手、小林愛三(左)は蹴り技を得意とする

 今大会にはRENAもMMAルールで出場する。イリアーナはRENAに向け「あなたはワタシが今まで対戦した中で最強のファイター。スマート、エレガント、強いハートを持っている。リングに上がるために生まれてきた女性。男性ばかりだったこの世界で、女性ファイターの素晴らしさを体現してきた」と尊敬のメッセージ。

 しかし「リスペクトしてるからこそ、また、戦いたいの。ワタシはあれから厳しいトレーニングを重ね進化した。あの頃はMMAを始めたばかりだったけど、今は違う。SBでもRIZINでもどの舞台でもいい。近い将来、あなたと再びリングの上で会いたい」と、どの舞台でもいいから3度目の対決をしたいとラブコールを送った。

●編集部オススメ

・RENAが一本背負いでイリアーナを返り討ち

・RENAが世界トーナメントを予想

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース