TOP > ニュース

【シュートボクシング】榊原RIZIN代表「RENAの覚悟がカンナにも届いたはず」

2018/07/07(土)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

パンチの連打でKO寸前に追い込むRENA。気迫が見える表情だ

 7月6日(金)東京・TDCホールで開催されたシュートボクシング(以下SB)協会主催、女子格闘技の真夏の祭典『SHOOTBOXING Girls S-cup~48kg世界トーナメント2018~』。

 同大会を視察した榊原信行RIZIN実行委員長は、メインイベントで行われたRIZIN MMA(総合格闘技)ルール5分3R、SB世界女子フライ級王者RENA(27=シーザージム)vsエレイン“パンテラ”リアル(29=ブラジル)の熱闘を振り返り、「リスクを背負った試合は普通の試合よりも100倍面白い。RIZINよりも小さいリングで打撃の選手は不利だったと思いますが、RENAは前へ出て戦った。素晴らしい試合でした」と絶賛。

 試合は1Rにリアルの関節・絞め技でピンチに追い込まれたRENAが2Rと3Rに打撃で逆襲、三日月蹴りでダウンを奪うなどボディへの攻めで圧倒し、リアルも最後まで諦めずに戦い抜く熱闘の末、RENAが判定勝ちした。

「(那須川)天心が私の横で見ていたんですが、相手が打撃を嫌がって寝た時に立たせればいいのにRENAがパウンドに行ったのを見て、『僕も行っちゃうんですよね』と言っていました。殴りつけてKOしたいという気持ちが先に出てしまうのでしょう。RENAと天心はファイトスタイルが近いのかもしれないです。RENAはある意味で冷静さを欠いていたというか、トランス状態にあったのかもしれない」と、RENAと那須川の共通点をあげる。

RENAの勝利に拍手を送る浅倉カンナ

 また、7月29日にさいたまスーパーアリーナで開催される『RIZIN.11』で、RENAとの再戦が決まっているRIZIN女子スーパーアトム級トーナメント優勝者 ・浅倉カンナ(20=パラエストラ松戸)も近くで見ていた。

「カンナも間近で見ていましたが、RENAの覚悟が生半可ではないということが届いたはず。あのハートでカンナに向かっていくRENAは強敵でしょうね。一撃の力は相手をうずくまらせるくらいですから、カンナも危ない。再戦が俄然楽しみになってきました。盛り上がるんじゃないかと思います。真夏の女子最強決定戦として見応えのある一戦になるんじゃないかな。

 リベンジマッチに挑んで勝つのは簡単ではないことは歴史が証明しています。リベンジ出来るパーセンテージは低いと思いますがゼロではない。不可能を可能に変えられるかはRENA次第です。不可能を可能にするチャレンジを悔いなくやり切って欲しいですね」と、再戦に挑むRENAにエールを送った。

●編集部オススメ

・Girls S-cup2018全試合結果=2018年7月6日

・RENA、浅倉カンナとの再戦へ「格闘技人生が終わってもいいくらいの追い込みする」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース