TOP > ニュース

【グラチャン】10周年記念大会でフライ級王者が決まる

2018/07/21(土)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

GRACHANフライ級王座決定戦で対戦する松場貴志(左)と山本聖悟(右)

 9月9日(日)東京・大田区総合体育館にて開催されるGRACHAN10周年記念大会『GRACHAN36』の第一弾対戦カードが発表された。

 鈴木隼人が海外プロモーションのOne-Championship出場を優先、それに伴い保持していたGRACHANフライ級王座を返上したことを受け、5月大会で4選手による王座決定トーナメントが実施された。

 今大会では、その一回戦を突破した松場貴志(26=ALIVE)と山本聖悟(22=フリー)が王座決定戦で激突する。

 松場はグラチャンの他、パンクラス、グランドスラムなどで活躍し国内では1つの引き分けを挟んで9連勝中と勢いに乗る。対する山本は戦績は7戦と出場メンバーの中でキャリアが一番浅いが、天性の当て勘と打撃力で植木新との一回戦を突破した。

 松場は山本の打撃を「当たらない」と言い切り「僕の方がベルトが似合う」といえば、山本は「戦い方も僕の方が花があるのでベルトが来る」と王座奪取に自信を見せている。

一回戦ではグラウンドで主導権を握った松場が判定勝ち

 また、第2代GRACHANバンタム級王者・中村謙作(34=吉田道場)と、GRACHAN若手のホープ・米山千隼(マルワジム横浜)の対戦が決定。中村は、昨年12月挑戦者として挑んだGRACHANバンタム級タイトルマッチで敗れて以来、9カ月ぶりの試合。対する米山は、2月大会で格上の元ZSTフライ級暫定王者・坂巻魁斗を判定で下し3連勝中。

 そして、初代パンクラス・ライト級王者・昇侍(35=トイカツ道場)が参戦、近野淳平(39=ロデオスタイル)と対戦する。昇侍は2月に原井徹に判定負けしており、今回が再起戦。一方、近野はこれまでパンクラスを主戦場にしていたが、GRACHANに初参戦する。両者共に打撃を得意としており、激しい打ち合いとなるか。

GRACHAN実行委員会
「GRACHAN36 GRACHAN10周年記念大会」
2018年9月9日(日)東京・大田区総合体育館
開場14:30 開始15:00

<決定対戦カード>

▼GRACHANフライ級王座決定戦 5分3R延長1R
松場貴志(ALIVE)
vs
山本聖悟(フリー)

▼GRACHANフェザー級 5分2R
昇侍(トイカツ道場/初代ライト級キング・オブ・パンクラス)
vs
近野淳平(ロデオスタイル)

▼GRACHANバンタム級5分2R
中村謙作(吉田道場/第2代GRACHANバンタム級王者)
vs
米山千隼(マルワジム横浜)

<出場決定選手>
阪本洋平(T-BLOOD/初代GRACHANライト級王者、第2代GRACHANフェザー級王者)
堀友彦(フリー/第5代GRACHANバンタム級王者)
山本琢也(パラエストラ千葉)
沙弥子(マルワジム横浜)
伊藤空也(禅道会)

<チケット料金>
VIP席25,000円 アリーナSRS席10,000円 アリーナRS席8,000円 
スタンドSRS席10,000円 スタンドRS席8,000円 スタンドA席6,500円
※当日は別途ドリンク代500円が必要

<チケット販売所>
e+ (イープラス) 『GRACHAN』(パソコン&携帯)、セブンイレブン・ファミリーマート・ローソン・サークルK・サンクス・ペイジー対応ATM

<問い合わせ>
GRACHAN実行委員会=TEL:03-6907-3029

●編集部オススメ

・鈴木隼人が返上したベルトを懸けトーナメント開催

・昇侍を完封した原井がタイトル戦に前進

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース