TOP > ニュース 一覧

【Krush】元NJKF王者・玖村修平、K-1のベルト目指し「片っ端から倒す」

2018/07/25(水)UP

元NJKF王者の玖村修平(右)が名古屋大会に参戦

 8月18日(土)名古屋国際会議場イベントホールで開催されるキックボクシングイベント『Krush.92~in NAGOYA~』の追加対戦カードが発表された。

 元NJKFバンタム級王者・玖村修平(21=K-1ジム五反田チームキングス)の参戦が決定。スーパー・バンタム級戦で山脇魁斗(19=隆拳塾) と対戦する。

 玖村は昨年6月にNJKFバンタム級王座を獲得した実力の持ち主。玖村いわく「K-1のベルトを獲るために」K-1ジム五反田にジムを移籍。今年6月にKrushに初参戦するとフルマークの判定で勝利した。
 今年1月からKrushに参戦し、現在三連勝中の玖村将史は実弟。

 玖村はコメントで「K-1のベルトを獲るために課された試合、用意された相手を片っ端から倒していきます。12月のK-1大阪までまだ時間があるんで、呼んでもらえるように派手に倒します」と、目標のK-1王座に向かって驀進するという。

 対する山脇魁斗はNJKFやKHAOSで活躍する選手。コメントでは「玖村修平選手はスピード、テクニックのある選手ですが、自分の持ち前のパワーで圧倒します。KO勝利で下克上します」と強敵食いを宣言した。

地元の雄・倉崎昌史が出場

 また、倉崎昌史(30=GET OVER)vsKAZUNORI(旧リングネームは稼頭徳/32=Team Nomads)の一戦も決定した。

 倉崎は地元・名古屋出身の激闘派。KAZUNORIもかつて2012年には、当時売り出し中だった武尊と真っ向から打ち合って会場を沸かせたこともあり、激しい打ち合いの試合が期待される。

2012年、武尊(左)と真っ向勝負を演じたKAZUNORI(右)

 倉崎はコメントで「僕は打ち合い上等なので、対戦相手のKAZUNORI選手がビビらず打ち合ってくれれば必ず盛り上がると思うので楽しみにしておきます」とKAZUNORIを挑発。

 一方KAZUNORIも「対戦相手の倉崎選手は、アグレッシブで気持ちの強い選手という印象です。自分のスタイルと噛み合う相手だと思いますので、KO決着で見応えのある盛り上がる試合にします」とKO勝利を予告した。

 またプレリミナリーファイトでは、佐藤嘉洋・実行委員長の現役時代の盟友、杉浦磨氏が主宰する「JK TRIBE」から齋藤祐斗(26)が登場。静岡から頭角を現しつつある山口将(23=STRIKEs GYM/3POUND)との対戦が決定した。

 齋藤のコメント:「Krush初参戦ですが、今回でら調子いいのでKOで決めて、早くプレリミナリーファイトを卒業したいです」
 山口のコメント:「ずっと出たかったKrushなので、精一杯頑張ります」

<決定対戦カード>
▼Krushスーパー・バンタム級 3分3R 延長1R
玖村修平(K-1ジム五反田チームキングス/元NJKFバンタム級王者)
vs
山脇魁斗(隆拳塾)

▼Krushフェザー級 3分3R 延長1R
倉崎昌史(GET OVER)
vs
KAZUNORI(Team Nomads)

▼Krushスーパー・フェザー級 3分3R
齋藤祐斗(JK TRIBE)
vs
山口 将(STRIKEs GYM/3POUND)

【大会・チケット情報】 8・18 Krush実行委員会「Krush.92」

●編集部オススメ

・玖村修平がNJKF王座をKOで奪取

・高橋ユウへの公開プロポーズ成功&勝利した卜部弘嵩「負けられない試合だった」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧