TOP > ニュース 一覧

【Krush】挑戦者・木村を迎える塚越仁志「どんなにカッコ悪くてもベルトを守る」

2018/08/02(木)UP

「今までの対戦相手でトップ」と言う木村を迎える王者・塚越

 8月5日(日)東京・後楽園ホールで開催されるキックボクシングイベント『Krush.91』。

 そのメインイベントで防衛戦を行うKrushウェルター級王者・塚越仁志(34=K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)が、都内の所属道場にて公開練習を行った。

 挑戦者は、現在3連勝中で勢いに乗る木村“フィリップ”ミノル(24=K-1ジム五反田チームキングス)。

今年2月の二度目の防衛戦、強烈なパンチで豪快にKOした塚越

 公開練習で塚越は、疲れがありながらもキレのあるワンツーと左右のミドルを繰り出し「この疲労感でこの動きで、自分の中ではイマイチだなと思うんですけど…」と前置きしつつ「疲労がとれていいパフォーマンスができる姿も頭の中にイメージできているので安心しています」と仕上がりは良いとアピールした。

 大きな注目を集めている木村戦に向けて「こういう気持ちは初めてかもしれないんですけど、試合がどうなるんだろう?と思ってワクワクしています」と胸を躍らせる塚越。

 塚越は今回で3度目の防衛戦だが「今回はチャンピオンにして最大の挑戦です」と言う。
 数々のKOを生んできた木村の攻撃力を「今まで対戦してきた相手の中でもトップ」と警戒しつつ「僕と木村選手が試合をすれば客観的に見ても面白い試合になります」と、激闘を予測。

疲労のピークにありながらも鋭い攻撃をミットへ繰り出した

 「お客さんには『期待してください』と言いますが、僕はどんなカッコ悪い試合でもいいからベルトを防衛することだけを考えています」と、試合展開より防衛を最優先とする。
「このベルトを持って、防衛記録も更新したいですし、戦いたい相手もいます。そういう意味でもここは絶対に落とせないです」と気を引き締めている。

 最後に「僕はとにかくベルトを守る。必ずいい試合になると思うので、ファンのみなさんは試合を楽しんでください」と改めて王座死守を宣言した。

●編集部オススメ

・激闘王・塚越仁志が牧平圭太に逆転KO勝ち、2度目の防衛果たす

・王座挑戦の木村ミノル、いい勝負より「僕だけがおいしい試合する」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧