TOP > ニュース

【シュートボクシング】初のモンゴル大会前にラウンドガールオーディション、大勢の観客集まる

2018/08/09(木)UP

モンゴルの首都で大々的に行われた、初のSBラウンドガールオーディション

 8月11日(土・現地時間)モンゴル・ウランバートルの中央スポーツセンターにて開催される、シュートボクシング(以下SB)初のモンゴル大会『SHOOTBOXING in MONGOLIA 2018 -SHINOBU FIGHT-』。

 そのプロモーションのひとつとして、これも初となる『SBラウンドガール公開オーディション』がウランバートル市内にて行われた。

 オーディションにはモデル、ダンサー、イベントコンパニオンなど、ビッグイベントにふさわしい容姿端麗な女性が揃い、会場に集まった大勢の観客の前でウォーキングなどが披露され、女子同士の熱き戦いが繰り広げられ、観客を魅了

野外の公開形式で行われたオーディションには、多くの観客が訪れた

 今大会は、2月の後楽園ホール大会で現SB日本スーパーウェルター級王者・北斗拳太郎を下し、再び世界のトップ戦線へのカムバックに期待が高まる忍アマラ―(モンゴル)が代表を務めるSBモンゴル支部の主催大会。かつてK-1 WORLD MAXで活躍した忍は「投げもあるSBならモンゴル相撲をベースに持つモンゴル人がもっと活躍できるのではないか」と、モンゴルでSBを広めようとしている。

 リングを華やかに彩るラウンドガールは厳正な審査を経て選出され、大会当日に初お披露目となる。

●編集部オススメ

・史上初のモンゴル大会に日本王者・深田一樹が出陣

・カメラマン釘付けにした「シュートボクシングラウンドガール」(1UP情報局)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース