TOP > ニュース

【K-1】武尊の対戦相手が一階級上のキック世界王者に変更

2018/08/09(木)UP

対戦相手が変更となり、以前よりも身長が高く階級も上のピュータスと対戦することになった武尊

 9月24日(月・祝)さいたまスーパーアリーナ・コミュニティアリーナで開催される『K-1 WORLD GP 2018 JAPAN』の記者会見が、8月9日(木)都内にて行われた。

 第4代K-1 WORLD GPスーパー・フェザー級王者・武尊(26=K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)の対戦相手が変更となる。当初、武尊はルカ・グルソビン(23=イタリア)との対戦が決まっていたが、グルソビンが負傷のため欠場することが発表された。

 グルソビンは元々、肩を負傷しており3月に手術。トレーニングを再開していたが7月に痛みが再発して8月に入ってから診断したところ、8月いっぱいは安静にしていないといけないとのドクターストップがかかった。トレーニング期間が短くなるため、ベストパフォーマンスは発揮できないとの判断から欠場することに。

 代わって多くの対戦候補からチョイスされたのは、ダニエル・ピュータス(25=スペイン)。2018年ISKA世界-65kg王者、2017年WLF世界-60kg王者など4つのタイトルを持ち、戦績は32勝(16KO)6敗とグルソビンの22勝(16KO)2敗1分のキャリアを上回る。武尊との試合はK-1スーパー・フェザー級(-60kg)で行われるが、その上の65kgでISKA世界王者となっている。身長もグルソビンより5cm高い173cm。

 強靭なフィジカルとパンチを武器とし、イギリス、フランス、スロバキア、中国と世界各国で活躍。今回のK-1初参戦に関しては「K-1は誰もが憧れる世界一のリングで、K-1に出場が決まって心から嬉しい。私は自分のパンチに絶対の自信を持っている。そしてリングで逃げ回ることが大嫌いだ。今、武尊は世界でナンバーワンの選手だと思うが、彼に殴り勝ち、自分がこの階級のナンバーワンになる」と、打倒・武尊に燃えるコメントを寄せた。

会見でカード変更を発表する宮田K-1プロデューサー

 迎え撃つ武尊は「対戦相手のピュータス選手は身体が大きくてフィジカルが強い印象です。でも僕もスーパー・フェザー級で戦える身体を作って来たので、ここからもっと仕上げていきます。対戦相手は変わりましたが、試合まで時間もあるのでしっかり対策して最高のKO勝ちをします」と、相手が変わってもKOを狙うのは同じだとコメントを寄せている。

●編集部オススメ

・武尊の相手はアマボクシング出身のパンチャー「思い切りバチバチの打ち合いしたい」

・武尊、リョート・マチダのジムで空手に原点回帰

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース