TOP > ニュース

【RIZIN】矢地祐介、ヴァンダレイ・シウバからの刺客を「愛のヒザ」でKO狙う

2018/08/11(土)UP

ノリは軽いがRIZINのエースとしてメインイベントを担う矢地。この試合に大きな期待が懸かる

 8月12日(日)愛知・ドルフィンズアリーナ(愛知県体育館)で開催される『RIZIN.12』に出場する全選手の個別インタビューが、10日(金)愛知県内にて行われた。
 
 高田延彦RIZIN統括本部長(56)から直々にメインイベント(第12試合)に抜擢された元PXCフェザー級王者・矢地祐介(28=KRAZY BEE)は、元PRIDEミドル級王者ヴァンダレイ・シウバが送り込む刺客ルイス・グスタボ(22=ブラジル)と対戦する。
 
 矢地は2009年4月にプロデビューし、2012年11月に修斗環太平洋ライト級王座、2015年にはグアムの『PXC』でフェザー級王座を奪取。RIZINには2016年末から参戦し、ダロン・クルックシャンクや北岡悟にTKO勝ち、昨年大みそかにはあの五味隆典と激闘を演じて一本勝ちし、5月大会ではディエゴ・ヌネスにも勝利してRIZINで無敗の5連勝中。
 
 ”RIZINのお祭り男やっち君”こと矢地は、シウバからの刺客を破り、RIZINのエースとして初のメインイベントを飾れるか。
 
 現在のコンディションを聞かれた矢地は「もちろん絶好調」と笑顔。試合日が近付くにつれて心境に変化はあるか聞かれると「いやもう日常っすよね。普段とまったく変わらない。本当に試合の5分前とかにスイッチ入れる感じなので当日も全然リラックスしています」と穏やかそのもの。
 
 今回、対戦するグスタボは2014年に18歳でプロデビューして以来、現在まで無傷の8連勝、全てフィニッシュして勝利している危険なファイター。2016年にはヴァンダレイ・シウバにそのポテンシャルを評価され、アンドレ・ジダ率いるチーム EVOLUCAO THAIに移籍。往年のシュートボクセスタイルを彷彿させるアグレッシブな突進力だけでなく、寝技でも繊細な技術を兼ね備えているという。
 
 そのグスタボについては「1試合だけ映像を観られて、何となくどんな感じかはつかめています。あとは試合の中で対応していきます」と少ない情報の中での試合だが、戦いながら対応していくという。

 また今回、グスタボの師匠であるシウバも来日しており、試合では相手陣営にいることが予想される。その事について矢地は「嬉しいっすよね。ヴァンダレイが相手のセコンドにいるっていうのは。よくわからない感情ですけど嬉しいですね。(PRIDEを観ていた事もあり)不思議な感じです」と感慨深そうに話す。

ヴァンダレイ・シウバといえばヒザ蹴り。矢地はヴァンダレイばりのヒザ蹴りを披露できるか

 さらに憧れのシウバの前でどのような試合を見せたいか聞かれると「ヴァンダレイばりのヒザ蹴りじゃないですか。ちょっとヴァンダレイに好かれたいっていう(笑)。(ヴァンダレイ愛が伝わる)”愛のヒザ”を出そうと思っています」と意気込み、笑わせた。
 
 そして、記者からKO予告が欲しいと言われると「そういうのやった事ないんだけど(笑)。でもKOするなら試合中盤以降になる気がします。若い無敗のファイターの勢いは怖いところがある。たぶん最初から駆け引きなしにガチャガチャ来る気がするので、相手のリズムに乗らないで、しっかり見切ってから倒しにいきます。2R以降の決着になるかなと思います」と冷静に分析し、2R以降で確実に倒しにいくという。
 
 RIZINで5連勝し、今回は初のメインイベンターとなる矢地。まさに勢いそのまま、という状況だが、改めて意気込みを聞かれると「そこまでメインという事は意識していないです。いつも通り自分が楽しんで試合をすれば観ているお客さんも楽しいと思うし、結果も付いてくると思う。まずは自分が、メインと名古屋のRIZINを楽しみたいです。夏祭りです」とマイペースに試合を楽しむ事が大事だとし、肩の力が抜けた矢地らしいコメントを残した。

photo=(c)RIZIN FF

【大会・チケット情報】 8・12 RIZIN FF事務局「RWEDDINGS presents RIZIN.12」

●編集部オススメ

・“お祭り男”矢地祐介の夏祭り「激しく面白い試合をするのが俺の使命」

・ヴァンダレイ・シウバの挑発に対する矢地祐介の反応

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース