TOP > ニュース

【ONE】チャトリCEO「マニー・パッキャオの防衛戦もやりたい」

2018/08/24(金)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

全ての格闘技の試合を、その中の一流選手だけで見せていきたいと語るチャトリCEO

 8月23日(木)都内にて、シンガポールを拠点としてアジア最大規模の活動を展開しているMMAプロモーション『ONE Championship』の記者会見が行われた。

 ONEは初となる日本大会を2019年3月31日(日)東京・両国国技館で開催することを正式発表。さらに10月11日(金)に日本大会第2弾を開催(会場未定)することも発表した。

 会見では、10月6日(土・現地時間)タイ・バンコクのインパクト・アリーナで開催される『ONE: KINGDOM OF HEROES』のメインイベントで、ボクシングWBC世界スーパーフライ級王者シーサケット・ソー・ルンヴィサイ(31=タイ)が防衛戦を行うことについての質問も飛んだ。

7月にWBA世界ウェルター級王座に返り咲いたパッキャオ(右)photo=Getty/wowow

 シーサケットは昨年3月に怪物ローマン・ゴンサレス(通称ロマゴン)に判定勝ちを収めてWBC世界スーパーフライ級王座に返り咲いた。同年6月の再戦でもゴンザレスを4RでKOに下し、初防衛に成功。今年2月にはファン・フランシスコ・エストラーダに判定勝ちし、2度目の防衛を果たしている。

 チャトリCEOは「私の考えでは、ONEは格闘技のホーム。ボクシング、グラップリング、空手、ムエタイ、MMA(総合格闘技)、キックボクシングなど全ての格闘技を見せたい。それらを一番いい選手だけで見せたいと思っています」と、現在行われているMMAとキックボクシングの試合だけではなく、あらゆる格闘技の試合を見せていきたいのだという。

「シーサケットはパウンド・フォー・パウンド(同じ体重で全階級の王者が戦ったことを想定して最強だと思われる選手に与えられる称号)のナンバー5だから。ONEで試合を見せたかった」とした。

 さらに、マニラ大会を開催した際にWBA世界ウェルター級王者マニー・パッキャオ(39=フィリピン)にも防衛戦を打診したということに関しても「マニーとまだ話をしています。私は本気でONEで彼の防衛戦をやりたいと思っています。マニーとはその件で4回は話しました。まだ分からないけれど一生懸命に交渉していますし、マニーも気に懸けているようです」と、パッキャオの防衛戦をONEの舞台でやりたいというのは本気だと答えた。

●編集部オススメ

・ボクシングにも進出へ、怪物ロマゴン破ったWBC世界王者シーサケットが参戦決定

・パッキャオがTKOで圧勝、WBA初タイトル奪取で年内もう1試合示唆

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース